50歳引退を目標に

自分の毎月の出費を算出してみると、こんな感じでした。

ルームシェア&自炊生活が威力を発揮しており、
独身男性としては固定費はかなり安め(と思う…)。

一方で旅費は、このブログでも一目瞭然ですが、
出費の割合としては最大の項目。
でもこれは一番の趣味なので、もはや固定費。

今のうちに増やしたいのは、やはり積立投資(つみたてNISA)の部分。
つみたてNISAは年間40万円が上限なので、
限度額いっぱいまで毎月コツコツと積み上げていますが、

現時点で積み立てた金額に対して、30~40%近い利益が出ています。
もちろんビットコイン(仮想通貨)のようにあっという間に数倍になったりはしないし、
一時的にはマイナスになっている期間もありましたが、
各銘柄ともプロの方が運用しているだけあって、そこからの盛り返しがすごい…。

タンス貯金をしていても、年間の利息は10円にもならない時代。
つみたてNISAや他の投資方法のことも勉強していくと、
少なくとも株や投資信託(つみたてNISA含む)がギャンブルではないことは分かりました。
当面の間は、年利10%を目標にコツコツと積み上げていきたいと思います。

ちなみに毎年150万円を貯金した場合と、年利10%で運用した場合、
◆貯金
150+150+150+…と計算されるので、10年後には1,500万円、20年後には3,000万円。
◆年利10%でコツコツ投資(利益分は受け取らずに再投資)
1年後は150×1.1=165万円
2年後は(165+150)×1.1=346.5万円となり、
10年後には2,629万円、20年後には9,450万円となります。
これぐらい貯まれば、「再投資型」を「受取型」に変更することで、
利益分だけでも基本的な生活はできそうな感じ??
…と妄想ばかり膨らんでいます。

実現できるかどうかは別として、あと10年後の50歳になる頃には
給与所得なしで生活できるようになれたらいいな。

日々思ってること
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

  1. カナロア より:

    こんばんは

    資産運用されているのですね。
    運用されている銘柄の流動性や換金のしやすさはわかりませんが…
    今はやっていませんが自分は失敗してしくじり先生になったので経験者としてちょっとだけアドバイスです。

    脅かすわけではないですが…
    「株 失敗」「FX 失敗」「投資 失敗」などで検索してみてください。

    極端な例かもしれませんがこういう例もあるということで参考にしていただければと思います。

    ”上昇相場はいつまでも続かない””山が高ければ谷も深くなる”これが自分自身が得た教訓です。
    投資はあくまで自己責任ですので…

    • さわやん より:

      こんばんは。

      カナロアさんも以前は資産運用されてたんですね。差し支えなければ、どのような運用方法をされていたのですか?

      私も実はFXでロスカット寸前まで体験してからは、FXはトラリピというサービスを使い、とても低いレバレッジ(2.5倍程度)で放置しています。

      今はまだ勉強不足なので、積み立てNISAメイン(+投資信託)でプロの方にお任せです。今でこそ30%以上の利益が出 ていますが、カナロアさんの仰る通り、まもなく谷が来ると思うので最終的に10%の利益が出れば問題ないと考えてい ます。

      まぁ、そのペースだと50歳リタイヤは夢のまた夢ですかね(笑)

  2. カナロア より:

    銀行窓口で勧められた投資信託メインでしたが、リーマンショックで大暴落して大損しました。
    当時は貯蓄から投資とかもてはやされていて何も考えずにお金を使っていました。

    FXもやっていましたが、当時はレバレッジの規制がなかった野放し状態の市場だったのでこちらも大損しました。
    運用というか最後の方はほとんどギャンブルでしたが(反省)
    FX引退後、歴史的な大暴落が起こったのでタイミングが良かったことだけが救いです。

    ただ、自分自身の教訓から、投資をしている時は収入を必ず確保しておくこと、投資で食べていこうと思わないこと(億単位の資産があれば別ですが)、これだけは譲ってはいけないところです。

    おそらくさわやんさんは1次請けの会社にお勤めだと想像していますが、投資を継続していくのであれば、IT業界では避けて通れない、今後起こり得るリーダーなどの上位の役職任命や現場異動などがあってもしがみつくくらいの強い意志が必要かなと思います。

    現在進行形で体感していますが、40代でホワイトカラーへの転職は想像以上に厳しいです。
    また、年収の現状維持すら厳しいです。
    書類選考すら通過しません。(私自身のスキルの問題もありますが)
    最近の希望退職のニュースでも40歳以上から、というのもかなり多く見かけるようになってきました。

    話が横道にそれましたが、投資には絶対はないということ、撤退する勇気も必要だということはお伝えしたいなと思います。

    説教ぽくなって申し訳ございませんでした。

    • さわやん より:

      なるほど…カナロアさんはリーマンショック時代に大変な思いをされたんですね。当時はFXのレバレッジが際限なしだったんですか…恐ろしや。。。

      わたしも3年近くこのコツコツ投資を続けて、ようやく今の結果が出たという感じなので、多少なりともそれぞれの投資方法の違いやリスクは理解しています。結果的にしっかりと知識がないうちは積立が一番かなという結論に至りましたが、、、

      カナロアさんの失敗談を聞いて、少し大きな夢を見すぎてたのかな…と思いました。

  3. […] 「50歳引退を目標に」の記事でも書きましたが 固定費を十分に低く抑えておくと、 結構、変動費としての贅沢はできるものです。 それは急にボーナスがなくなってしまったり、 収入が […]

タイトルとURLをコピーしました