スポンサーリンク

一年で一番昼が長い日

今日は夏至です。
例年通り、今日の東京は雨で、昼の長さを実感できる気候ではありません。

20170621085550765.jpg

夏至は一年の中で、日の出から日の入りまでの長さが最も長い日で、
仕事から自宅に帰ってきても、まだまだ空は明るさを保っています。
札幌にいるときは、緯度が高くて部屋が11階だったこともあってか
21時近くまで小樽方面の空が明るかったのを覚えています。

20170621085631777.jpg

これは府中市の2017年6月の日の出と日の入りの時間を示したデータです。

これを見ると、夏至である今日は、昼の長さとしては一番長い日であるものの、
日の出が一番早い日でもなければ、
日の入りが一番遅い日でもないということが分かります。
日の出はすでに遅くなり始めている一方、
日の入りは明日以降の方が更に1分遅くなります。

今日から毎月21日の日の入り時間と、前月との差を並べてみると、

6月21日:19時00分
7月21日:18時55分(-5分)
8月21日:18時25分(-30分)
9月21日:17時42分(-43分)
10月21日:16時59分(-43分)
11月21日:16時32分(-27分)
12月21日:16時32分(±0分) ※冬至前日

となり、今後1ヶ月間はほとんど日の入り時刻は短くならないことが分かります。

一方、立秋を過ぎた辺りからは加速度的に日没が早くなり、
11月下旬には冬至と同じ時間まで日の入り時刻が早くなります。
実は日没が一番早いのは冬ではなく秋で、秋の夜長と言われるのはこのためですね。

ムシムシするのは嫌ですが、仕事帰りに明るい自宅にというのはやっぱり嬉しいです。

天気の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました