新緑の奥多摩へ

先日の日曜日、同居人と一緒に奥多摩へ行ってきました。

20160526080042144.jpg

府中から武蔵野線、中央線、青梅線を乗り継ぐこと1時間10分ほど。
山に囲まれた鳩ノ巣駅に降り立ちました。
うぐいすが鳴き、とても気持ちのいい山の空気に包まれていました。

20160526080420550.jpg

駅前の「山鳩」というレストランに入りました。緑が見えて気持ちいい席ですね。

20160526080335725.jpg

そばサラダ(650円)をいただきました。
暑かったからサッパリ!

20160526080911937.jpg

駅から徒歩5分ほどで鳩ノ巣渓谷に到着です。
眼下を流れるのは府中も流れている多摩川。

20160526080715447.jpg

つり橋が掛かってる方に向かって歩きます。

20160526083207968.jpg

つり橋は最大定員5人。歩くとグラグラ揺れてなかなかスリリング。
けど、ここから見下ろす眺めは最高です。

20160526083215714.jpg

つり橋の下に降りてみました。
水がとにかくきれいで澄み切っています。
深い場所は緑がかってますね。

20160526083223973.jpg

結局、ここで1時間半ぐらいボーッと流れる川を眺めていました。
水の中に足を入れてみると、まだまだキーンとする冷たさでしたが、
外の気温は夏を思わせる暑さだったので、その冷たさがまた爽快でした。

20160526083234462.jpg

鳩ノ巣渓谷の上流にある白丸湖(白丸ダム)まで歩いてみました。

20160526083239932.jpg

無料で入れるという「白丸魚道」の見学に。
地階へ続く螺旋階段はちょっと恐怖心を煽ります(笑)。

DSCF4878.JPG

一番下まで降りると、そこは階段状に多摩川の水が流れていて、
魚がダムの下から上まで遡上できるようになっていました。
なるほどよく考えられているなぁとその構造に感心しつつ、
この道をちゃんと探して遡上していく魚の遺伝子もすごいなぁと
つくづく自然の世界の神秘さをここで思い知らされました。

DSCF4879.JPG

魚道の上はひっそりとした白丸ダム湖です。
見事にエメラルドグリーンの色をしています。
以前は向こう岸を湖畔沿いに白丸駅まで歩けたのですが
現在は土砂崩落により歩けなくなっており、
青梅街道沿いを進まなくてはいけなくなっていたので
この日はそのまま来た道を引き返すことにしました。

DSCF4886.JPG

つり橋のたもとにある「ぽっぽ」というカフェレスランに立ち寄りました。
全ての座席がカウンターで、多摩川を向いています。
窓の外には緑があふれ、気持ちの良い山の風が吹き抜けていきます。

DSCF4883.JPG

多摩川の源流を眼下に望む、気持ちの良いカフェでした。
身体に優しいドリンクやスイーツが多いのも良かったです。
お店のオーナーさんが府中の晴見町出身でビックリ(笑)。

DSCF4891.JPG

16時半ごろ青梅線に乗って府中に帰りました。
窓から見える圧倒的な奥多摩の山々の風景。
ここも東京の風景だと思うと、不思議な感じがしますね。

きれいな自然の風景に触れて、リフレッシュできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました