群馬まわりで行く奥日光紅葉狩りの旅 その8

湯滝入口のバス停から、東武バスに乗り、次の目的地、竜頭の滝へ向かいました。

本当は小田代原が先の予定だったけど、
賑やかな大集団がその最寄りバス停で大量に下車したので、急きょ順番入れ替え。。

20191029080215051.jpg

竜頭の滝は、戦場ヶ原から中禅寺湖へと流れ落ちる滝です。
滝上バス停で降りると、竜頭の滝の一番上に出ることができます。

20191029080226215.jpg

湯滝同様、竜頭の滝にも滝に沿って遊歩道が設けられていますが、
こちらはなだらかな滝なので、ハァハァすることなく歩けます。

頭上の紅葉もちょうど今が見ごろ。

20191029080232843.jpg

20191029080241453.jpg

大きな滝の流れは、その名の通り、途中から竜の頭のように細く2本に分かれます。

20191029080251303.jpg

滝坪のある場所には、竜頭の茶屋という茶屋があります。
滝を眺めながらゆっくりお茶を…というスポットですが、
滝が見える場所はものすごい人で、全く入り込む余地がありませんでした。

20191029080257720.jpg

滝坪は諦め、別のスポットから。鮮やかな紅葉が見れました。

20191029080311949.jpg

竜頭の滝バス停から、再び来た道を少し戻ります。

いろは坂を登り、中禅寺湖を超えてやってきたバスははち切れんばかりの超満員。
乗るのをためらうほどでしたが、竜頭の滝で半分ほど降りたので、
なんとか乗車することができました。奥日光の秋はやはり恐るべし。。。

20191029080340529.jpg

竜頭の滝から2つ戻って赤沼で下車。
団体客の下車もなく、ホッと一安心。

ここから草紅葉の小田代原へと向かいます。

小田代原へはマイカーの乗り入れが禁止されているので
マイカー利用の観光客も、赤沼駐車場から低公害バスに乗り換えです。

低公害バスは今回のフリーパスでは乗れないので、別料金300円が必要となります。

20191029080347395.jpg

赤沼駐車場を出発したバスは、一般車立ち入り禁止のゲートをくぐり、
美しいハルニレの森の中へと入っていきます。

すれ違う車もない、静かな森のなかを進む感じはアトラクションのようでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました