路線バスと徒歩でまわる夏の道北ひとり旅 その16

南稚内から12分ほどで隣の抜海駅に到着。

20190827083639865.jpg

二面二線のホームをもつ、立派な駅です。

20190827083644411.jpg

20190827083648738.jpg

降りたのは自分ひとりだけ。
乗り込む人は当然ゼロです。

列車が去っていくにつれて、レールの音が少しずつ小さくなっていき、
最終的には虫と鳥の声だけの静寂な世界に包まれました。

20190827182306505.jpg

抜海駅は日本最北の木造駅です。

20190827083653480.jpg

駅近くには天然のお花畑もあります。

20190827083658146.jpg

20190827182552614.jpg

木の扉をあげて中へ。
厳しい自然に耐え続ける駅舎には頼もしさを感じます。

20190827083715303.jpg

抜海駅の時刻表。
上下あわせて1日7本のみ。

20190827083722180.jpg

抜海駅の正面は少し味気ない感じがしました。

20190827083737239.jpg

ここから歩いて、南稚内を目指してみます。

歩道はよほど人が歩いていないのか、
アスファルトはたくさんの草で覆われていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました