青春18きっぷで行く中央本線と大井川鐵道の旅 その8

新金谷を出ると、いよいよローカル線らしい風景となってきます。

20161221075535907.jpg

この辺りは日本有数のお茶の産地。
お茶畑が左右の車窓に広がります。

20161221075926871.jpg

市街地を抜けると、大井川が寄り添うようになります。

20161221075955558.jpg

水量に対して、川幅がものすごく広いところが印象的でした。
増水すると、ここが一杯になるかと思うとちょっと怖いですね。

20161221080201667.jpg

車窓から見える広大な茶畑。
こんな山の方まで入ってきても、お茶が栽培できるなんて、
静岡って、本当に気候が穏やかなんですね~。
ガタゴト揺られていると思わずウトウトしてきます。

20161221080256207.jpg

金谷から30分ほどで、目的地の川根温泉笹間渡(かわねおんせんささまど)駅に着きました。
あっという間の30分間で、もっと乗っていたかったなぁというのが正直なところ(笑)
ローカル線であの車両に乗れるというのはもはやアトラクションです。

20161221080740467.jpg

20161221080804161.jpg

20161221080751704.jpg

木造の駅舎は、無人駅ながらなかなかの佇まいでした。
きっぷ売り場も昔はあったような面影がありました。

20161221081433906.jpg

川根温泉ふれあいの泉までは、
お茶畑と線路の間を進んでいきます。

20161221081446394.jpg

歩いて5分ほどで、川根温泉に到着です。
温泉に道の駅も併設しているので、すでに多くの車が停まっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました