おかえりモネが面白い

NHKの朝ドラ「おかえりモネ」を
仕事から帰って来てから毎日見ています。

朝ドラっていつも昔の話が多いのですが
今回は内容がとても現代に近いので、
夜の連ドラを見ているような感覚で、とっても楽しく見ています。

このドラマの好きなところは3つ。

【1】登米や気仙沼の風景の美しさ

北上川

登米の街並み

長沼フートピア公園

東北地方に数多くある街の中でも、それほど目立つ存在ではない登米。

北上川や伊豆沼、水田の風景といった
地元の何気ない風景が、季節ごとの
美しい気象現象とともに映し出され
まるで映画のワンシーンを見ているかのよう。

こんな場所が登米にあったのか!って思わせてくれます。

【2】気象のマメ知識が豊富

けあらし

陸風と海風の違いや、飽和水蒸気量による
洗濯物の乾きやすさなど、気象のマメ知識が
話の中にたくさん散りばめられています。
気象好きとしてはこの辺りもとても面白いポイントです。

【3】内容が現実に極めて近い

気仙沼の実家で、百音が東京行きを家族に伝えるシーン

主人公の百音は登場時からスマホを手にしており
今の現実世界にかなり近い情景が描かれています。

震災に対する思いや家族との付き合い方、
それを自分の人生とどのように折り合いを付けて
優先順位をつけて進んでいくか、
主人公に感情移入するだけでなく
自分自身の問題として本当によく考えさせられます。

府中駅にて

主役の清原果耶さんは京王電鉄のイメージガール(?)でもあるので、
そういう意味でもこのドラマは応援したいです。

生活の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました