お盆休みの北海道旅行 2016 その6

増毛駅から1駅目の箸別駅。

20160819075738080.jpg

いきなり板張りの朝礼台ホームです。
ホームの長さは列車一両分しかありません。

駅の周囲は増毛の市街地の続きという感じで、比較的家は多く建っていました。

20160819075959441.jpg

駅のすぐ近くを川が流れていて、いい感じの鉄橋が架かっていました。
この橋を列車が渡るのも、あと3ヶ月あまりなんですね。

20160819080130208.jpg

2駅目の朱文別駅。
こちらも板張りのホームです。
駅舎と思われる小さな小屋では、鉄道ファンの方が列車の到着を待っていました。

20160819080505989.jpg

3駅目は舎熊駅。
貨物車を利用した駅舎を構えており、
廃線予定区間の中間駅では最も大きな駅だと思います。

20160819080631872.jpg

昔はホームも2つあったのかな?と思わせるような線路のカーブがありました。

20160819080731234.jpg

続いて、4駅目の信砂駅。
板張りのホームですが、ホームの長さは比較的長めに取られています。

20160819080947260.jpg

5駅目の阿分で列車の時刻が迫ってきたので、ここで列車を見送ることにしました。

20160819081103851.jpg

20160819081117729.jpg

20160819081134875.jpg

あっ!来た!と思ったら、阿分駅の停車時間は10秒もなく、
あっという間に深川に向けて出発していきました。
列車が去ってもレールに響いてくる列車のジョイント音に、強い哀愁を覚えました。

2両編成の列車はいつになく盛況で、逆に廃線が近いことを実感しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました