オホーツク海は本当に冷たい

今日は東京でも30℃を超えて、全国的にかなり暑い一日になりました。

そんな中、唯一気温が上がらなかったのが北海道のオホーツク海側。

北がオホーツク海、南が太平洋です

北海道内でも夏日続出だったのに、オホーツク海側だけは10℃にすら届かない寒さだったのです。

理由は明らかで、オホーツク海から吹き付けるめちゃくちゃ冷たい海風。北見や網走などオホーツク海側の街は、この海風が吹くとたった1時間の間に20℃ぐらい気温が下がったりします。

こんなに寒い地域ですが、北海道の最高気温を保有してるのも、実はオホーツク海側。ひとたび風向きが変わって南風が吹けば、フェーン現象で40℃近い気温を記録したりします。

北見は人口12万を擁するオホーツク最大の街

真夏日を記録した翌日に雪が降ったりするこの地域。冬は流氷が押し寄せ、夏は日によって気温が30℃近く変わったりする。北海道=爽やかな夏に当てはまらない、本当に大変な気候の中で人々が暮らしてるんだなと思います。

徒然日記 気象
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました