スポンサーリンク

冬の道東 年越し一人旅 北見の塩やきそば

女満別空港に着いたら、まずは北見に向かいます。

20181230151045137.jpg

北見駅ゆきのリムジンバスです。
誰かが車で迎えに来てたりするので、乗車率は50%ぐらいでした。

20181230151217580.jpg

バスの車窓からは北海道らしい風景もチラホラ。

20181230151341321.jpg

45分ほどで北見駅に着きました。
気温-9℃。晴れてるものの、身体を刺す強烈な寒さです。

20181230151459470.jpg

20181230151510825.jpg

駅前広場は氷パリッパリ。
駅前のポストは北見らしいカーリングデザインでした。

20181230151659746.jpg

20181230151708250.jpg

ランチタイムまで1時間ちょっと時間があったので
駅近くのKUBOTAというカフェでウィンナーコーヒーをいただきました。
寒さに凍えた身体にホッと染み渡る甘さでした。

20181230151626219.jpg

今日のランチは、ずっと行きたかったホテル黒部のレストランシェルブルー。
ここに来るために28日を休んだと言っても
過言ではない(29日からはレストランが休みのため)レベルで来たかった場所です。

20181230153256463.jpg

ここで頂くのが大好きなオホーツク北見塩やきそば。
北見市常呂で採れた大ぶりのホタテと、北見産の玉ねぎを使い、
最後にホタテの出汁とオホーツクの塩を使った魔法の水をかけて仕上げるという
北見名物のB級グルメなのですが、これがとにかく美味しいんです。

20181230153311962.jpg

11時-14時のランチタイムはサラダバーや珈琲も無料で付いてます。お得ですね。

2回目の来訪でしたが、大変美味しかったです。ご馳走さまでした。

2018-2019 年越し旅 北見から帯広へ至る5日間の旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました