スポンサーリンク

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉一人旅 その13

別府ゆきのフェリーは、日本で一番細長い半島である佐多岬半島に沿って進みます。

20160517080357517.jpg

出港のときは多くの人がいたデッキですが
出港から30分もすると、人の数はかなり減り
ただただ海を眺めたい人だけが残りました。
海は本当に穏やかで船はほとんど揺れませんでした。

20160517081553022.jpg

佐多岬の先端を通過し、四国とはお別れ。

20160517080701571.jpg

反対側には九州がすぐに見えてきます。

20160517080731463.jpg

現在位置と速度、航路が分かるよう、案内ビジョンが船内にありました。
時速37キロぐらいで航行してるんですね。

20160517083235846.jpg

船内には軽食ができるよう、小さな食堂があり、
そばやうどんなどを食べることもできるようです。

20160517083249038.jpg

八幡浜を出港してから2時間半、別府の街が迫ってきました。
デッキで海を眺めたり、2等船室のカーペットで昼寝をしたりして過ごしていると
2時間半の道のりは意外とあっという間でした。

20160517083256493.jpg

15時40分、定刻より10分ほど早く別府に到着しました。

20160517083304066.jpg

フェリー乗り場の近くにある、「とんかつ屋」で
大分名物のとり天定食(770円)を食べました。
サクサクに揚がったとり天に、ポン酢をつけてさっぱりと食べます。
ずっと何も食べていないこともあって、これがまたものすごく美味しかったです。
ごはんも味噌汁もキャベツもお替わりしちゃいました。

20160517083309909.jpg

とんかつ屋から5分ほど坂を登ったところにある、
吉弘神社のバス停から今日の宿がある鉄輪温泉を目指します。

20160517083315231.jpg

15分ほどで鉄輪温泉に到着しました。
別府の写真でよく見る、もくもく湯けむりが上がる温泉街はこの鉄輪温泉です。

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉ひとり旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました