北海道新幹線で行く秋の函館旅行 その3

市電とバスの一日乗車券(1,000円)を購入して、五稜郭公園へやってきました。

20200928125728176.jpg

市電は観光客で混み合っているので、函館駅前から路線バスで五稜郭公園入口へ。
函館駅〜五稜郭公園はバスの系統も非常に多く市電の電停よりも公園が近い上に、
確実に座れるのでバスの方が便利です(系統を理解している前提ですが…)。

20200928125735284.jpg

タワーより先にお堀の中を散歩することにしました。

20200928125744286.jpg

五稜郭公園の中から眺める五稜郭タワー。

20200928125752901.jpg

お堀の周りを歩くのは桜の季節以来です。
圧倒的な数の桜。こうして歩いていると、また桜の季節にも訪れたくなります。

20200928125806225.jpg

20200928125814760.jpg

中央部には立派な松の並木と、箱館奉行所の建物があります。
歴史好きではないので、風情だけを外から味わって。

きれいに整備された芝生の上を歩くだけでもとても爽快な気持ちになれました。
歴史ファン、土方歳三ファンなら一日楽しめるスポットですね。

20200928125823596.jpg

奉行所の建物の中に入るため、順番待ちの列ができていました。

20200928125831884.jpg

お堀の周りをぐるっと一周して五稜郭タワーまで戻ってきました。
朝市の混雑を見て案の定…ではありますが、タワーに登るための順番待ちの列ができていました。

友人はタワーに登ったことがないということで検討はしていたのですが、
チケット売り場とエレベーター待ちの長い行列を見て諦めました。

16009029607412.jpg

20200928125845995.jpg

再び函館駅方面に戻り、ベイエリアにやってきました。

ラビスタ函館ベイの前にあるジンギスカン屋「羊々亭」の順番待ちの予約を入れ、
待ち時間の間にベイエリアを散歩することにしました。

こちらも先月とは比べ物にならない賑わいです。

20200928125901643.jpg

赤レンガ倉庫の中にあるスナッフルスの喫茶コーナーで、
ジンギスカン予約の電話がかかってくるまでひと休み。

+150円でソフトクリームがトッピングできるということで、迷わずコーヒーフロートに。
サッパリとしたとても大好きなタイプのソフトクリームでした。

16009029608238.jpg

コーヒーを飲み終わって、ちょうど落ち着いた頃、羊々亭から電話がかかってきました。

お昼は豪華にジンギスカン。
肉の食べ放題コースもありましたが、年齢と健康を考えて、個別注文にしました。

野菜がおかわり自由で、肉の脂を吸い込んだ野菜がとても美味しいんです。
結局野菜ばかり2回おかわりして食べてました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました