スポンサーリンク

天空の湖 野反湖ハイキングと尻焼温泉の旅  その9

国道との合流点から、さらに国道沿いに5分ほど歩いてきました。

20200720080918877.jpg

豆腐屋さんに到着です。

豆腐を買うのではなく、京塚温泉という近所の露天風呂の鍵を借りに来ました。
泊まった宿で、周辺観光案内のパンフレットを見ていたら、
鍵を借りて入る方式の日帰り温泉ということで、やたら気になってしまいました。

今日は雨降ってるからかなりぬるいですよーと念を押されましたが
思い出なのでとりあえず見るだけでもということで500円を払って鍵を借ります。

20200720080940134.jpg

豆腐屋さんから京塚温泉までは歩いて7、8分ほど。

20200720080944522.jpg

坂を下って川の方へ向かっていくのですが、結構な距離がありました。

20200720080951368.jpg

曲がり角のところに案内があるので、間違えることはなさそうです。

20200720081002700.jpg

グループホームの建物を通り過ぎると、突如として露天風呂の入り口が現れました。
すでに秘湯感満載のお風呂の雰囲気が漂っています。

20200720081014459.jpg

鍵を空けて中へと入ると。。。

20200720081037222.jpg

巨大な露天風呂がどーん!!
50人まで入れるというから、その広さたるや衝撃的です。

20200720081050025.jpg

脱衣場はこんな感じです。
雨が降っていたので屋根付きは助かりました。

20200720081135226.jpg

脱衣場の反対側には一応、シャンプーなどが置かれた洗い場もありました。
ただ、お湯は出ないようで、身体をしっかり洗うにはちょっと向かないかも。

15952006881000-97efd.jpg

雨でぬるいと聞いていましたが、ゆっくり浸かるにはちょうどよい湯加減でした。

これぞ秘湯という感じのお風呂で、大変に満足しました。

15938494760854.jpg

入浴券を入り口のポストに入れて帰ります。
本当は入浴前に入れるのが正解です。

15938494761026.jpg

鍵を豆腐屋さんに返却し、すぐそばにある引沼のバス停から
長野原草津口駅ゆきのバスに乗り込んで、いよいよ帰路につきました。

15938495229847.jpg

途中の乗り降りは一切なく、自分一人だけを乗せたバスは長野原草津口駅に到着しました。

この2日間でバスに3回乗りましたが、同乗者がいたのは行きの15分間のみ。
いつになったらこの路線バスにも人が戻っくるのか、
とても心配になるほどの乗客の少なさでした。

15938495230258.jpg

14時21分発の高崎行きに乗って、東京方面へと帰りました。

普段の吾妻線なら、中之条で座席が埋まり、
渋川からはかなり混雑するのですが、
この日は高崎につくまで、乗客はほとんど増えませんでした。

初めての野反湖と尻焼温泉への旅。
同じ関東とは思えないほど深い自然に触れ、見たかった花もたくさん見ることができました。

雨に煙る温泉もまた風情があって良かったですが、
また天気の良い日に星空露天をしに訪れてみたいものです。

■今回の旅程
1日目
北府中 06:18~06:49 武蔵浦和
武蔵浦和 06:54~07:02 大宮
大宮 07:07~08:31 高崎
高崎 08:53~10:19 長野原草津口
長野原草津口駅 10:42〜11:46 野反峠
野反湖 15:11〜15:52 花敷温泉

2日目
引沼 13:02〜13:35 長野原草津口
長野原草津口 14:21〜15:57 高崎
高崎 16:26〜17:39 大宮
大宮 18:00〜18:11 武蔵浦和
武蔵浦和 18:13〜18:42 北府中

(運賃内訳)
北府中~長野原草津口 3,080円
高崎線グリーン料金 1,000円
長野原草津口〜野反峠 1,360円
野反湖〜花敷温泉 680円
引沼〜長野原草津口 780円
長野原草津口〜北府中 3,080円
高崎線グリーン料金 800円

(宿泊代)
星ヶ丘山荘 一泊二食付き 14,860円
入湯税 150円

(合計金額)
25,790円

天空の湖 野反湖ハイキングと尻焼温泉の旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました