福島空港で5,000円キャッシュバックキャンペーン開催中。マイラーに利用されちゃう前に!

先日、父ちゃんが福島空港を利用して北海道へ行きました。
その際に福島空港でキャッシュバックキャンペーンをやっていたそうです。

福島空港利用するだけで5,000円キャッシュバック

父ちゃんが受け取ったというのがこちら。

なんと現金で5,000円

クリックでキャンペーンページへ飛びます

私自身、飛行機が大幅に遅延した時に5,000円を貰ったことはありますが、
空港を利用しただけで現金がもらえるって、ちょっと聞いたことがないです。

福島空港発の場合は搭乗待合室に、福島空港着の場合は手荷物受取所に
それぞれ専用カウンターがあって、記名をするだけでOKなんだそう。

往復すると現金10,000円がゲット出来ちゃいます。
福島空港利用者にとってはめっちゃお得なキャンペーンですよね。

父ちゃんは真っ先に利用した先駆者なわけですが、
福島県の人は、これを使わない手はないと思います。

福島県に恩恵があればいいのですが…

一方このキャンペーンは、利用者が低迷している福島空港を、
もっと県民に利用してもらおうという目的があるものと思われ、
現金を配るというのは既に最後の一手のようにも感じます。

しかしながら、Twitterやブログで「福島空港」を検索してみると
大阪(伊丹)と札幌(新千歳)を往復するための経由地として福島空港を利用し、
そのまま5,000円を受け取って目的地へと向かう人たちばかりでした。

どうやら、ユナイテッド航空の特典航空券を利用すると、
どこを経由して目的地に向かっても同じマイル数で搭乗できるようで、
今回のキャッシュバックキャンペーンはその格好の標的となった形です。

福島には乗り継ぎで数十分滞在するだけでレストランでの食事すらしてくれない。
でも5,000円はもらえる。もちろん決められたルールの範囲内なので、
利用者側には何の落ち度もありません。

ただ、このお金は県から支出されているはずで、元は税金です。
このような使われ方では県民に何の恩恵もないまま、
お金を垂れ流してるに過ぎない感は否めないなぁというのが実感です。

福島空港を使った旅プランを考えてみる

福島空港の利用者は、圧倒的に福島県民が多いです。

つまりは現在就航している新千歳・伊丹便ともに、
札幌や大阪に行く福島県民はたくさんいても、
福島に来る北海道民や大阪人はめっちゃ少ない。

いわゆる一方通行状態なんですよね。

それなら、札幌や大阪から福島にもっと遊びに来てもらえば、
福島空港の利用者が増えるだけじゃなくて、
福島県全体が潤うんじゃないかなと思うわけです。

今の若い人たちは車に乗らない人も多いし、
特に旅行先では公共交通機関で観光する人も少なくありません。

福島空港はめちゃくちゃアクセス悪いですが、
作ってしまったものに文句を言っても仕方ないので、
自分なりに交通機関を調べ、福島を観光するプランを考えてみることにしました。

(以降は次回に続きます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました