紅葉の草津温泉 湯畑草菴と北軽井沢を訪ねる旅 その2

いざ湯畑に面した1階の入口からホテルの館内へ。

「湯畑 草菴」の1階はフロント兼足湯カフェ。
足湯カフェのお客さんを眺めつつ、チェックインを進めます。

こちらのホテルは無料の軽朝食はあるものの
基本的に素泊まりスタイルの宿で食事はありません。
清算を先に済ませてから部屋へと向かいます。

ちなみに今回の宿泊料金は2人で21,771円でした。

せっかくカフェなので「おいものパフェ」と
ホットコーヒーをいただきました。

寒かったのでアイス系は少し身体が冷えたけど
大好きな芋系アイスやクリームたっぷりで激ウマでした。

チェックインの手続きを済ませて館内へ。

玄関で靴を脱ぐスタイルで
館内は畳が敷かれているのでとっても快適です。

部屋は201号室の「しゃくなげ」。

ちなみに湯畑が見えるのは201号室と
隣の202号室の2部屋のみです。

部屋に入った瞬間、歓声が漏れました。
めちゃくちゃスタイリッシュな部屋!!

ベッドは広くて大きいし、ソファもあって
さらに窓辺にはベンチ的なスペースもあります。

窓の外はすぐ湯畑というロケーション。
外の雑踏や歓声が心地よいレベルで聴こえてきます。

これはかなりテンションが上がりますね。

浴衣を着た人たちもたくさん歩いています。
足湯は終始、賑わいを見せていました。

大浴場はフロントやカフェがある1階にあります。

ちなみに宿泊客は足湯カフェの足湯も
24時までと翌朝7~10時まで無料で利用できるそうです。

温泉街のど真ん中にあるので、
大浴場はこじんまりしています。

その代わり、周囲には外湯がたくさんあり
姉妹館の一つである「源泉一乃湯」にも
15時~22時まで無料で外来入浴をすることができます。

大浴場の脱衣所はこんな感じ。
4人が上限ですが、17部屋しかないので
誰かと一緒になることはありませんでした。

深夜1時~5時までは貸切風呂としても利用できます。

小さなお風呂でも侮るなかれ。
源泉は草津の中でも希少な「湯畑源泉」です。

湯畑で適度に揉まれたお湯は柔らかく
西の河原露天風呂などで使われている
「万代鉱源泉」に比べるとかなり刺激が弱め。
アトピーの自分でもかなり楽に入れました。

露天風呂は無く小さな内湯のみですが
コンパクトな湯船は少し深さがあって、
見た目以上にのんびりできました。

公式サイトの温泉の紹介ページはこちら

混じりっ気なし、まさに源泉そのまま。

今となっては全項目「無」表記の温泉は
かなり希少価値の高いものとなりました。

部屋で湯畑を眺めるのが楽しすぎて
ゴロゴロと過ごしていると、
あっという間に外が暗くなってきました。

湯畑のライトアップも始まりました。
相変わらず足湯は入る隙もないほど大盛況です。

内湯は堪能したので、そろそろ外湯にも出かけてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました