紅葉の草津温泉 湯畑草菴と北軽井沢を訪ねる旅 その5

草津温泉を10時50分に出発して、
北軽井沢に到着したのは11時27分。

次のバスは12時27分と14時10分ですが
朝食が軽めだったので、北軽井沢でランチを食べることに決定。

出発時間を2時間半後の14時10分に設定し
2時間半ほど時間を取りました。

訪れたのは「ハコニワ食堂」。

北軽井沢のバス停からは徒歩3分ほどです。

上州牛や赤城豚を使ったランチメニューが並びます。

メニュー一つ一つに調理時間も書かれているメニューってあまり見たことないかも。

さて、レストランの扉を開けようとすると
こんな貼り紙が。なんと料理1時間待ち!

ふらりと立ち寄ろうと思っていたら、
かなり人気のお店だったようです。

バスの時間そのものは余裕があったので
まぁ、1時間でも待てるよねってことで店内へ。

こちらが恐縮してしまうほど
人当たりの良い素敵なご夫婦が迎えてくれました。

今日は、店内は席の予約が入っているので
テラス席でも良ければどうぞとのこと。
もともとテラスが希望だったので、快諾しました。

注文したのは「まかないミートソースパスタ」。
上州牛、赤城豚、国産鶏すべてを使った
とっても贅沢なパスタです。

野菜や肉の旨みが複雑に絡み合うパスタは
これまで食べてきたミートソースとは
比べ物にならないような感動的な美味しさでした。

お待たせしてしまってすみません、と
店主の方から食後に頂いたビスケット。

今日はメニュー表に書いてあった調理時間から
+15分多くかかった(事前説明あり)だけなのに
こんなことまでしてもらって、
料理の味も雰囲気も感動的なお店でした。

ハコニワ食堂も入居する「4WAYテラス」という建物。

今日は休日ということもあって、
南米の音楽のイベントが開催されていました。

北軽井沢の牧歌的な風景によくマッチしてて
とても心地よく聴かせてもらいました。

ハコニワ食堂の隣にあるのが
「北軽井沢ジェラート Hoshino Farm」

こちらで食後のデザートを頂きました。

美味しいパスタと美味しいジェラート
ここの2店舗だけでも最高です。

左側は地元名産のブルーベリーぽい果物だったんですが名前忘れてしまった…

北軽井沢のバス停へ戻ってきました。

ここは草軽交通が軽便鉄道だった時代の
駅舎と車両が保存展示されています。

軽井沢から草津温泉って勾配がすごいんです。

そんな場所を鉄道が走っていて
実際に旅客輸送も行っていたなんて
本当に今では信じられないです。

当時の路線図がありました。

これを見る限り、吾妻線はまだないので、
草軽交通が草津温泉へのメインルートだったんですね。

運行当時の運賃表です。

北軽井沢の街は法政大学の当時の学長さんが
この土地を草軽鉄道から購入し、開発したのだそう。

その際、大学側が駅を新築し、草軽鉄道へ寄付したものが
現在も残る「北軽井沢駅」となっています。

駅舎にデザインされた「H」がその面影を残しています。

14時10分のバスに乗って、次は白糸の滝を目指します。

このバスは北軽井沢は始発、
各駅停車便なので、全部で乗客は4名のみでした。

浅間牧場から2人が乗り込んで
いざ長野原町から本家・軽井沢町へ。

途中「県境」というバス停があったので
長野に入ったことがすぐに分かりました。

北軽井沢から15分ほどで白糸の滝に到着。

ここからは軽井沢エリアの観光客が
10人ほど乗り込んできました。

白糸の滝までは徒歩3分ぐらい。
川沿いの気持ちいい道を歩いていきます。

白糸の滝の手前にも小さな滝があります。

白糸の滝には何度か来てるのですが、
この手前の滝って、昔からあったかなぁ?

やってきました。白糸の滝。

後ろに川があるわけでもないのに
染み出した水だけでこれだけの水量って
よくよく考えたらかなりスゴイですよね。

周囲の紅葉も見ごろを迎えつつあって、
とても見ごたえのある風景でした。

今日は天気が良くかったこともあって
滝の周りには多くの人が訪れていました。

この周辺の紅葉をじっくり楽しむのであれば
白糸の滝だけでなく、峰の茶屋でバスを降り
信濃路自然歩道を1時間ほど歩くのもオススメです。

マイナスイオンをたっぷり吸収して
バス停へと戻りました。

バス停の周辺には売店がいくつか並んでます。

これまで白糸の滝を何度か訪れて、
一度は食べてみたかった焼き立ての岩魚(700円)

ちょうど予約のキャンセルが出たようで
運よくその人のおこぼれにあずかることができました。
※次に購入しようとした人は15分待ちって言われてた

中骨以外は頭からしっぽまで全部食べれて
臭みもなくとても美味しかったです。

滝の入口にこんな表示がありました。

滝を見る前に予約をしておくと、
ちょうど戻ってきた時に焼けてるって感じなんですね。

15時35分ごろ、軽井沢駅へと戻ってきました。

白糸の滝では10人ほどが乗車、
旧軽井沢でも15人ほどが乗り込み、
道路も少し混んでいたこともあって、
5分ほど遅れての到着となりました。

軽井沢駅の駅前広場。
色づいた街路樹と青空がとてもきれいでした。

新幹線の時間まで、アウトレットを少しぶらぶら。
特に何もほしいものはありませんでした。

17時41分発の「あさま628号」で帰りました。

帰りの新幹線はグランクラスも含め満席。
軽井沢駅のホームもGoToトラベル以来の賑わいで
上野行きの臨時「あさま676号」が運行されるほどでした。

今回の旅も、天候にも恵まれて
思い出に残る楽しい旅になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました