スポンサーリンク

路線バスと徒歩でまわる夏の道北ひとり旅 その10

稚内で今日はのんびりする予定でしたが、
天気がいいので、予定を前倒しして、今日のうちに「白い道」にも行くことにしました。

20190821075843372.jpg

観光案内所で稚内フットパスの地図を入手し
宗谷岬までの往復割引乗車券(2,500円)を購入。
往路は岬まで行かずに降りるので、普通に買うのと運賃は変わりません。

20190821075848562.jpg

白い道に行くには、宗谷岬の手前の「宗谷」で降ります。

名前が紛らわしいのと、宗谷岬の往復乗車券を持っていたので
ここじゃないよ、と運転手さんにも言われましたが
岬には行かない旨を伝えて、下車しました。

バス停の向こうには利尻島の利尻富士が見えていました。

20190821075853034.jpg

ここから11kmに渡る「宗谷丘陵フットパスコース」が始まります。
順路としては逆回りになりますが、白い道はこちらからの方が近いです。

20190821075856949.jpg

まずはぐんぐんと急な坂を上ります。

20190821075901680.jpg

バス停から10分ほど歩くと、白い道のスタート地点です。

20190821075959301.jpg

地面に近付いてみると、ホタテの貝殻が敷き詰められています。
ホタテの一大産地であるこの地域では、貝殻の処理に困っていました。
そこで試しに道に貝殻を敷いてみたところ、このような道が出来上がったそうです。

20190821075906548.jpg

さらに高度を上げていくと、海が視界いっぱいに広がりはじめます。

20190821075911730.jpg

20190821075918000.jpg

真っ白な道と青い空は、まるで南国に来たよう。
先に続く景色も楽しみになります。

20190821075932522.jpg

この地域一帯は宗谷丘陵と呼ばれ、道の両側には
氷河によって形成された、なだらかな丘の風景が広がっています。

遠くにロシアの樺太を望み、日本の果てまで来たことを感じさせてくれます。

萌えっ子フリーで行く稚内と宗谷丘陵「白い道」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

  1. おっしー より:

    「白い道」いいですね。
    宗谷のバス停で降りると行けるのですね。
    このバス停で旅人が降りていたのを覚えていたので繋がりました。
    天気のいい日に「宗谷丘陵フットパスコース」を歩いてみたいです。
    自分の旅候補リストに登録しました。
    いつもステキな旅情報をありがとうございます。

  2. さわやん より:

    宗谷丘陵フットパスコース、とても良かったですよ。今まで宗谷岬は3回位行ったことがあったのに、逆にここを毎回スルーしていたなんてあり得ないと思っちゃいました(笑) 白い道も良かったですし、その先に続く丘陵地帯も風車や牧草ロールなど本当に画になる風景ばかりでした。11kmとかなり距離は長いですが、体力に自信があればぜひおっしーさんにも全コースを歩ききってもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました