スポンサーリンク

路線バスと徒歩でまわる夏の道北ひとり旅 その11

坂を登りきると、白い道は後半部分に差し掛かります。

20190822075953369.jpg

風力発電の設備がたくさん見えてきました。

20190822075913004.jpg

進行方向左手には宗谷丘陵が広がっていて、海からは冷たい風が吹き付けてきます。

遠くに見えるのは、樺太との境にあたる間宮海峡です。

20190822080008088.jpg

このあたりで約2.5kmに渡る「白い道」は終了です。
青空に真っ白な道が本当によく映える素晴らしい道でした。

一方、かなり知名度も上がってきたのか、多くの車やバイクとすれ違ったので、
静寂をゆっくりと楽しめる時間は、あまり多くはなかった気もします。
美瑛の「青い池」のように、「白い道」もこれから年々人が増えていく予感がします。

宗谷丘陵フットパスコースのショートコースはここで折り返しとなりますが
ロングコースはここから更に8kmほどあるので、先に進みます。

20190822075935736.jpg

白い道は終わり、アスファルトの道に戻りますが、丘陵の風景は続きます。

反対方向から来た親子連れの車に「白い道はどこですか?」と聞かれたので、
もうすぐそこから始まりますよとお答えしました。

20190822080015904.jpg

なだらかに登ったり下ったりを繰り返し

20190822080022346.jpg

坂のてっぺんではライダーと一緒に風を感じて

20190822080028509.jpg

さらに先へと進んでいくと

20190822080034170.jpg

またさらに丘陵地帯が続き、

20190822080046691.jpg

風力発電の風車も間近に迫ってきました。

20190822080052416.jpg

道の突き当たりからは宗谷岬ウィンドファームの風力発電の設備が一望できました。
写真のこの先の道は、関係者以外は立ち入り禁止になっています。

15657809247538.jpg

雄大な風景の中、風力発電の翼が回転する鈍い音だけが響き渡っていました。

萌えっ子フリーで行く稚内と宗谷丘陵「白い道」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました