GoToトラベルで行く晩秋の北海道 その6

奥の湯から坂道を登ること5分ほど。

20201127081358336.jpg

大湯沼が眼下に見えるようになってきて

20201127081403700.jpg

大湯沼の展望台に到着しました。

全体像が見えますが、間近で見たほうが音も聞こえていいですね。

20201127081407675.jpg

大湯沼の周辺は遊歩道がたくさんあります。

どれも10〜30分ほどで歩ける道ばかりなので、
体力に合わせて回ることができますね。

20201127081411349.jpg

大湯沼の展望台から先は下り坂となり、地獄谷に向けて下っていきます。

20201127081415453.jpg

地獄谷に到着しました。

地獄谷は温泉街に隣接しているので、歩いている人の数がぐっと増えます。

20201127081419173.jpg

遊歩道もしっかり舗装されていて、歩きやすくなっています。

20201127081424432.jpg

地獄谷に面した、第一滝本館のお風呂が見えてきました。

20201127081431008.jpg

今日の日帰り入浴は、ここ第一滝本館です。

登別温泉で最も歴史がある湯宿で、圧倒的に大きな敷地を誇っています。

16064317361770.jpg

地域共通クーポンとともに2,250円の入浴料を支払って館内へ。

札幌在住時代に一度宿泊したことがありますが、やはり館内はデカいです。

20201127081439542.jpg

温泉専用エレベーターもあります。

20201127081435803.jpg

大浴場の成分分析表はなんと7枚。

硫黄泉、芒硝泉、酸性明ばん泉、食塩泉、重曹泉と、
日本で湧出する温泉の泉質の半分、実に5種類の温泉がここ第一滝本館だけで楽しめるそうです。

白濁した硫黄たっぷりのお湯から、肌触り滑らかな美肌の湯まで、
お風呂の数もさることながら、湯加減もちょうどよく1時間半たっぷりと楽しみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました