GW九州一人旅 その27 鉄輪温泉で温泉情緒を楽しむ

帰りの飛行機は20時発なので、最終日もだいぶ時間がありそうです。

さっそく宿の近くを散策してみると、流れる湯の川がありました。

20150609085236219.jpg

温泉が川のように流れています。

下流には熱帯魚が生息しているそうで、温泉の湧出量の多さを物語ってますね。

20150609124023662.jpg

別府では「地獄」と言う言葉がよく使われてますが、
その由来を見るとなるほどなぁーと思いました。

20150609122847677.jpg

ひょうたん温泉の湯雨竹(ゆめたけ)です。

100℃近い別府の温泉を竹枝に沿わせる事で
加水をすることなく、自然に47℃まで冷却させる方法で、
今では全国各地の温泉で採用されていますが
発祥はここ鉄輪温泉のひょうたん温泉だそうです。

20150609123312133.jpg

入りくんだ路地が続く温泉街はまるで迷路のよう。

20150609123334182.jpg

湯けむり通りポケットパークでの一コマ。

20150609123415677.jpg

民宿が立ち並び、湯治場の雰囲気が漂います。

20150609123454338.jpg

宿泊宿のお見送りでしょうか。
お客さんの車が見えなくなるまで見送っている様子が印象的でした。

20150609123548831.jpg

「足湯」ならぬ「足岩盤浴」もありました。
これなら座るだけで、足が濡れたりすることもないのでいいですね。

20150609124554898.jpg

いでゆ坂も風情があっていい感じです。

20150609123703340.jpg

路線バスに乗って、鉄輪温泉のお隣にある明礬温泉へ行ってみることにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました