冬の仙台・作並・鳴子 一人旅 その12

観光地らしい温泉街がある鳴子温泉と違い、東鳴子温泉は湯治場の雰囲気。

20160223080948209.jpg

小さな旅館や民宿、商店などが立ち並んでいます。

20160223081032808.jpg

人通りは少なく、コンビニなどもありません。

20160223081149028.jpg

そんな一角にあるのが、この旅最後の宿である「旅館 大沼」です。

20160223081250825.jpg

玄関を開けると、品のいい女将さんがお出迎えしてくれました。

チェックインはゆっくり座って行い、その間に抹茶を立てていただきました。
小さなお茶菓子と共にいただく抹茶は、旅の疲れがふっと軽くなるような味でした。

20160223081615915.jpg

館内は非常にセンスよく作られていて、
いろいろ工夫されているのが伝わってきます。

20160223081750126.jpg

こけしがロビーの窓辺にたくさん置かれていました。

20160223081921452.jpg

案内していただいた部屋は本館の「椿」。
一人で宿泊するには十分の広さです。

20160223082033246.jpg

トイレは共同なのですが、洗面所が窓際に付いていました。
最近は共同トイレでもきれいな宿が多いので
トイレなしへの抵抗はなくなりましたが
こうして部屋に専用の水場があるだけでもかなり助かります。

20160223082256859.jpg

部屋からの眺めはこんな感じ(笑)。
正面に湯治棟の部屋があり、開け放すとちょっと恥ずかしい感じです。
まぁ、温泉街の中なので仕方ないなぁー。

ちなみに湯治棟は4階まであるので、眺めが良いのは湯治棟の方だと思います。

20160223082602750.jpg

宿には全部で8つのお風呂があり、そのうち5つが貸切風呂になっています。
部屋が全部で22部屋しかないのに、貸切できるお風呂が5つって贅沢ですよね。

さっそくお風呂へと向かうことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました