冬の仙台・作並・鳴子 一人旅 その13

まず向かったのが貸切露天風呂の「母里の湯」です。

宿からはやや距離があるため、車で送ってもらってお風呂へと向かいます。

20160223083912061.jpg

母里の湯は旅館大沼を代表するお風呂であり、ここだけは有料の予約制です。
予約する時のプランでここに入るか入らないかで1,000円の違いがあります。

鳴子温泉や宮城県のポスターに採用されることもあるほど風情たっぷりの露天風呂で
泉質も含塩重曹泉なので、肌がしっとりしてとても身体が温まります。

20160223123543407.jpg

10人は余裕で入れる広さです。
この広さを貸切りできるなんて感動的!

17時15分~45分までの予約だったので、明るい時間~日暮れまで堪能できました。
ちなみに時間はチェックインした順らしく選べないみたいです。。。

20160223123629148.jpg

30分が過ぎると、次のお客さんを連れて送迎車が迎えに来てしまうので
そそくさと着替えて車に乗り込み、宿へと戻りました。

なぜこんな遠くに作ったのか聞いたのですが
宿自体が温泉街の真ん中にあるために広い露天風呂が作れず、
けどどうしても宿主が開放的な露天風呂を作りたいということで
少し離れてはいるけれども近くの山の一角を買い取り、宿から引き湯をしてまで
この場所に露天風呂を設けたそうです。

20160223124231991.jpg

さぁ、18時からは夕食の時間です。

部屋食ではなく一階の食事処での夕食でしたが、一人旅が他に3人もいたので
特にまわりを気にせず食事を楽しむことができました。

20160223182709600.jpg

前菜には小鉢がたくさん。
仲居さんが一つずつ説明してくれます。

奥にあるのが豚肉とチンゲン菜の煮物です。

20160223182921868.jpg

茶碗蒸し。

20160223182752136.jpg

お刺身。

20160223182802132.jpg

酢の物。

20160223183641507.jpg

銀たら。

20160223183647758.jpg

豚肉と春菊の鍋。

他に天ぷらも揚げ立てが出されました。

どれも冷たいものは冷たく、温かいものは温かく出していただき、
とても身体に優しく美味しいものばかりでした。

バイキングで自由に食べるのも良いですが
こうして旅館らしい食事をすると、心も洗われる感じがするというか、
本当に贅沢な時間を過ごしているという感じがしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました