冬の新潟 大湯温泉一人旅 その8

路線バスで再び来た道を小出駅まで戻ります。

20170128115922307.jpg

日本海側としては、これでもかなり天気はいい方です。

20170128120031108.jpg

魚野川を渡るときには、越後山脈の山並みがとてもきれいに見えました。

DSCF8108.JPG

20170128120115815.jpg

小出駅で越後湯沢までのきっぷを購入して、水上ゆきの普通列車に乗車しました。
入線してきたのは昨日も乗ったE129系です。

20170128120238234.jpg

4両編成の車内は程よく席が埋まっている感じでしたが
小出でボックス席の人が降りたので、運よくボックスシートに座ることができました。

車両の外観は東北で走るE721系とよく似ていますが、
こちらは直流専用の車両で(E721は交流専用)、ドリンクホルダーはありません。

20170128120520729.jpg

ドアの上にはE721系には無い液晶モニターが付いていて、
首都圏の車両と同様に、ニュースや天気が見られるようになってます。

DSCF8113.JPG

20170128120630575.jpg

魚野川に沿って、浦佐駅(写真の右端)に向う辺りの車窓から。
背後にそびえる越後山脈の山並みに圧倒されます。

DSCF8114.JPG

DSCF8141.JPG

小出から越後湯沢までの上越線の車窓は、山、川、雪と本当に絶景でした。
ローカル線ではなく、いわゆる「幹線」でここまでの景色はなかなかありません。

20170128120922142.jpg

20170128121034503.jpg

20170128121101693.jpg

時折青空が見えるほど良い天気で、本当にラッキーでした。

20170128121135564.jpg

上越国際スキー場前駅は、その名の通り、列車を降りたらすぐスキー場。
実際、スキーヤーの人が何人が乗り込んできました。

DSCF8160.JPG

石内丸山スキー場。
ゲレンデの間を縫うように列車が走ります。

DSCF8162.JPG

高層マンションやホテル・旅館群が見えてくると、
まもなく越後湯沢に到着です。

DSCF8172.JPG

越後湯沢駅に到着しました。列車は水上ゆきですが、
青春18きっぷシーズンではないためか、
自分を含めて8割ぐらいの人はここで下車しました。

旅行・お出かけ 新潟
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました