スポンサーリンク

冬の道東 年越し一人旅 荒れるオホーツク海

3日目の朝は吹雪模様となりました。

20190108075951091.jpg

こんな雪の中で入る雪見露天風呂は、かなり気持ちよかったです。
温泉だったら最高だったのですが、網走のドーミーインは温泉は内湯のみでした。

20190108080001856.jpg

朝食にはジンギスカンもありました。

20190108080228432.jpg

9時50分にチェックアウトを済ませ、網走駅へと向かいます。
新雪が積もり、ズボズボと足を取られるので、かなり歩きにくかったです。

20190108080433844.jpg

網走駅ではすでに10時24分発、釧路ゆきの改札が始まっており、
少し出遅れてしまいました。9時55分頃から改札が始まるようです。

なんとかオホーツク海側の窓際をゲットできましたが、窓枠の割当は微妙な感じ。

20190108081449651.jpg

外は吹雪模様でしたが、列車は定刻通りに網走駅を出発しました。
車内は外国人の姿も多く、満席です。立っている人もいました。

20190108081437837.jpg

鱒浦駅。雪でホームとの境目がよく分からなくなってます。

20190108081501363.jpg

オホーツク海に流れ込む川。

20190108081520640.jpg

北浜付近ではオホーツク海に最接近します。
ここで10人ほどが下車していきました。

20190108081533015.jpg

20190108081544358.jpg

荒れるオホーツク海沿いに進む車窓は圧巻でした。
ここがあと2ヶ月後には氷に覆われるのも、納得してしまう厳しさがあります。

2018-2019 年越し旅 北見から帯広へ至る5日間の旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました