冬の青森&弘前 グルメと温泉の旅 その3

在来線で弘前へ向かうため、青森駅から再び奥羽本線に乗りました。

20200214081937783.jpg

青森駅とはしばしのお別れ。

20200214081957034.jpg

青森~弘前間の普通列車は悪名高きオールロングシートの701系です。
座れたのですが、ほどほどに混雑していて、あまり外の景色は楽しめません。

青森の市街地を抜けると、雪の津軽平野が広がってきました。

20200214082014675.jpg

川部で五能線と合流。
こうして見ると、ホームの雪はそれほど多くないですね。

20200214082034297.jpg

青森から約40分、終点の弘前に到着しました。
701系の最後部には舞い上がった雪がびっしりとこびりつき、寒さを物語っています。

途中駅で降りた人は少なく、ほとんどの人が終点の弘前まで乗っていました。

20200214082052477.jpg

ほどなくして五能線の列車も入線。
こちらはディーゼル車を3両連結していて、重厚感たっぷりです。

20200214082109402.jpg

弘前駅到着後は今日の宿、ドーミーイン弘前へ向かいます。
駅からホテルまでは無料のタクシー送迎があるのですが、
ホームで写真を撮っていたので他のお客さんより遅れを取ってしまい、
結局次のタクシーが来るまで外で15分ほど待つハメになりました。寒い。。。

20200214082848279.jpg

無料送迎タクシーでホテルまで向かいます。
距離的にはそこまでないのですが、城下町特有の複雑な道が多く、
何度も交差点を曲がりながら進むので結構時間がかかりました。

タクシーのおっちゃんによると、先週まで全く雪がなかったのだそう。
急に積雪が増えたのと、気温が低いのも重なり、路面はガタガタです。

20200214082906320.jpg

部屋は8階のツインルームです。
部屋の窓からは弘前の町並みが一望できますが
すぐ左側に大きな立体駐車場の棟があり、そこまで視界は広くありません。

20200214082919676.jpg

こちらは禅林街や五重塔などがある、南向きの窓からの景色。
こちらの方が雪化粧した美しい夜景が見えてオススメです。
ただし、ツインや和室で南向きの部屋の設定はないそうです。

20200214082933648.jpg

最上階の天然温泉大浴場で身体を温めたら
今夜のイベント雪灯籠まつりへと出発です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました