南武線のラッシュアワー

通勤に利用している南武線。
沿線住民ではない人にはまず「用がない」と言われてます(^_^;

神奈川県である川崎行きが上り、東京都である立川行きが下りとなっており、
都心と郊外を結ぶ他の路線とは、走る方向が全く違う独特の路線です。

最混雑区間は武蔵中原~武蔵小杉で、終点まで乗り通す人は少なく、
多くの人が途中駅から乗り込み、乗換駅で降りていくため、
乗換駅が近付くと混雑度が増していき、乗換駅でどっと降りるを繰り返します。
常に混んではいるものの、乗客の入れ替わりが激しいので、他の路線に比べれば
朝や夕方のラッシュはまだまだマシな方です。

20160317081439530.jpg

ただ、なにせ府中本町まで来てくれる夕方の本数が少ないのですよ。

これは府中本町駅の南武線下りの時刻表。
昼より夕方の方が本数が少ないって…。

ひと昔前に比べると、快速も登場して日中の本数は見違えるほど増えましたが
ラッシュ時間帯は武蔵小杉周辺の輸送に力を入れて列車を集めているため、
登戸や稲城長沼など途中駅で止まって折り返してしまうものが多く、
立川まで行ってくれる列車はすごく少ないのです。

それでも途中からは座れちゃうほどなので
その程度の需要と言われればそれまでなのですが、
せめて昼の本数位は維持して欲しいなぁ。
今回のダイヤ改正ではその辺は変わらないようなので、今後に期待です。

20160317085418506.jpg

ちなみに先日打ち合わせで都心まで行ったときに乗った銀座線の時刻表。
まぁ、ここまで多くは望みません(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました