スポンサーリンク

大國魂神社のくり祭り

今日は仕事が久しぶりの定時上がり。
府中本町駅から府中駅に向かって歩いていると
大國魂神社で秋季祭の「くり祭り」が行われていました。

普段の神社は18時閉門なので、
この時間に参拝できるのはお祭りの日ならではです。

境内では狂言が披露されていました。

参道を彩るのは260本に渡る奉納行灯。
薄暗い雰囲気が、とっても厳かで素敵です。

拝殿から随神門を通り、ここから参道です。
※府中本町から来ているので、本来の参拝コースとは逆になっています。

駅と駅を繋ぐ参道には多くの行灯が。
仕事帰りや買い物帰りの人たちが
足を止めて写真を撮ったり
一つ一つの行灯に描かれた絵を眺めたりしていました。

個性的な行灯を眺めるのも面白いものです。

今年の願いは本当にこれですね。

大鳥居まで戻ってくると、府中駅はもうすぐ。
ここから拝殿まで続く行灯の明かりは
人々の希望の光のように見えました。

例年だと、参道には栗を売る露店があったり
この先のけやき並木には町内会の山車が並び、
地元の子どもたちがひょっとこやおかめのお面を被って
お囃子や太鼓の小気味よいリズムに乗せて
とっても可愛らしい踊りを見せてくれるのですが
それらは昨年からいったん中止になってしまっています。

来年はまた賑やかなくり祭りが戻ってきますように。
祈願疫病退散!

府中の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました