山寺・作並・リゾートみのりの旅 その4

リゾートみのり号(この日は「みのり新庄まつり号」)は、次第に山形と宮城の県境へ。

20180831195217156.jpg

里の風景から次第に山が迫ってきます。

20180831195248764.jpg

鳴子峡は紅葉の名所。
普通列車だと一瞬ですが、みのり号だと徐行してくれるので20秒ほど楽しめます。

20180831195410826.jpg

鳴子温泉に着くと、温泉の硫黄の匂いが車内にも届くほどでした。

20180831195455778.jpg

20180831195611279.jpg

車窓は再び山から里へ、そして松島のところでついに海へ出ます。

20180831195616224.jpg

仙台には17時39分着。

田んぼや清流、山並みや温泉街から海へと
目まぐるしく変化する車窓を楽しんでいると、あっという間の2時間半でした。

旅行・お出かけ 山形
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました