旅の最終日、そしてこの旅行で感じたこと

最終日の滞在は札幌駅近くの三井ガーデンホテル ウエスト。

20200812122031732.jpg

三井ガーデンホテルのすぐ隣に、まだ完成したばかりのホテルです。

普段はとても高くて手が届かないホテルですが
今回は札幌夏割を利用して1,800円で宿泊することができました。

20200812122036619.jpg

とてもモダンで機能的なツインルームでした。
時代に合わせた非の打ち所がない部屋という印象。

大浴場が付いていたのもとてもありがたかったです。

20200812122040600.jpg

12階客室からの眺め。
西側の高層階を希望していたので、夕暮れ時の山がきれいに見えました。

20200812122047946.jpg

翌朝は飛行機の時間まで街を少しだけ散歩しました。

20200812122053290.jpg

20200812122057832.jpg

流れる雲がきれいで、空気もひんやりしていて、とても気持ちいい時間でした。

20200812122108682.jpg

金券ショップで札幌〜新千歳空港間の乗車券を1,000円で購入。
通常1,150円するので、150円引きはかなり大きいです。

またすぐ2週間後に来るので、2枚購入しました。

20200812122115702.jpg

新千歳空港では最後のシメにメロンソフトをいただきました。

20200812122121130.jpg

4連休の最終日、夕方16時台の手荷物検査場がこの有り様です。

いつもなら、検査が追いつかずに時間が迫ってる人を優先的に通すために
呼び出しの叫び声が飛び交う時間帯なのに、この日は待ち時間一切なしで飛行機に搭乗でき、
定刻通りに成田空港に到着することができました。

今回の北海道旅行で感じたことは、富良野を除く地域の衝撃的なほどの人の少なさです。

観光をするぶんには鉄道もホテルもガラガラ、さらに超低コストで旅行ができるので
とても快適ではあるのですが、この状況はどう考えても長くは持たないと感じました。

GoToトラベルキャンペーンの批判は相変わらず強く残っていますが、
むしろ感染拡大が落ち着いてからキャンペーン開始では、
すでに多くの観光業者や飲食店が倒産、廃業していることでしょう。
キャンペーンそのものの批判のせいで旅行に行きにくい状況になってしまい、
結果的にキャンペーンをしない方が、まだ人は動いたんじゃないかとは感じますが、
旅行=感染拡大=悪という考えが同調圧力によって相当強くなってしまった気がします。

個人的に旅行は一番の趣味なので、これからもいつも通りに行くつもりです。
いつも通りと言っても、もちろん屋内ではマスクをするし、
大勢が会話するようなお店にも行かないなどの対策はやりつつ(元々苦手なので行かない)。

コロナ騒動から半年が経過し、今はテレビの情報以外にも色々な情報を得ることができます。
報道で連呼されている感染者数のみに気を取られることなく、
他の情報と比較しながら、正しく恐れ、正しく付き合っていくことが大切だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました