路線バスと徒歩でまわる夏の道北ひとり旅 その7

天塩町の中心街を抜けると、バスは日本海を離れて内陸へと入っていきます。

20190816232328625.jpg

手塩高校前のバス停から、久しぶりに4名の乗車がありました。

天塩町は酪農の町。
車窓の両側には、広大な牧場が広がります。

20190816232334527.jpg

道幅のかなり狭い橋を渡って天塩川を渡ります。
ちょっと怖い。。。

20190816232339889.jpg

石狩川に次いで北海道で二番目に長い川、天塩川の河口です。

20190816232349273.jpg

幌延町の中心街に入りました。
久しぶりに鉄道の踏切を渡り、ちょっとホッとした感覚を覚えました。

20190816234401973.jpg

幌延駅では観光客2名を下ろして、バスは終点の豊富へと進みます。

途中、幌延深地層研究センターで系統が変更になるようで、
乗車するバス自体は変わらないのですが、
運賃箱が変わり、一旦運賃の精算と整理券の取り直しがあります。
幌延・豊富と、手塩以南では地域(振興局)が変わるので
補助金の絡みなど大人の事情があるのでしょうか。

20190816232355198.jpg

幌延から豊富はJR宗谷本線も並走する区間ですが、バスは豊富温泉を通ります。

日本最北の温泉郷として知られ、油温泉とも言われる泉質が特徴的。
バスの車内にも独特の匂いが充満します。

20190816232400079.jpg

歓迎のアーチを抜けると、いよいよ終点の豊富駅に到着。
しょさんべつ温泉から約2時間のバス旅はここで終了です。

20190816232409047.jpg

観光案内所で自転車を借りました。
ちょっと時間があるので、久々にサロベツ原生花園まで行ってみることにしました。

20190816232418977.jpg

観光案内所のおばちゃんに大体の道を聞いて出発。
豊富駅からサロベツ原生花園までは約7kmの道のりです。

20190816232426875.jpg

視界いっぱいに牧場や原野が広がる、北海道らしい道をひたすら進みます。

自転車を停めれば、鳥の声。
晴れているのに気温は20℃もなく、爽やかな北国の風が吹いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました