スポンサーリンク

部長との面談

プロジェクトの中で、なぜ自分だけがリーダーをやらないのか
という疑問の声が上がったそうです。

20190523185645403.jpg

もともとプロジェクトのマネージャーとは、それを条件に入社したわけですが
あくまで口約束で、それが浸透しているわけではないので、
今回は部長から入社時の制約について話がしたいということで、面談をしました。

入社時と話が違うじゃないか!と叱責されるのかな…と思ってましたが
実際にはその真逆の対応をされました。
むしろ苦手なことを無理してやる必要はないと。

マネージャーは自分の力を一番発揮できるポジションに仕事を充ててるし、
人には得意不得意があるから、今できることを頑張ればいい。
あとは年齢と経験を重ねるに連れて、いい意味で鈍感になっていくから、
その時にやってみればいいんじゃない?と言われました。

正直、かなりホッとしました。

苦手なことを無理にやっていたら、また昔の繰り返しになっていたと思います。
今回の一件もそれを繰り返す序章かとビクビクしていましたが、
上司に事情を理解してもらえたことは、とても安心しました。

生活の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました