スポンサーリンク

重症者数は減り続けてるんですが…

TVでは新型コロナウィルスの感染が
再拡大しているということを
まだ煽りたいようですが
放送の内容から重症者数や死者数が
報道されなくなったことには
みなさん気付いたでしょうか。

東洋経済オンラインの資料より抜粋

ワクチン接種率がすでに高齢者全体の
50%を突破したことは報道の通りで、
それに伴って重症者の数は今も減り続けています。

東京都だけで見ても、今日はマイナス5人となっています。

でもこの事実はTVでは殆ど報道されません。
感染者が増えたことと、繁華街の人出が増えたこと
そして変異株の感染力だけが声高に叫ばれています。

ウィルスは変異すれば感染力は強く
一方で弱毒化することが多いものです。
ワクチン接種がこの調子で進んでいけば
感染者数が多少増えたとしても
重症化する人は格段に減っていくことでしょう。
死者数はすでにかなり少ない段階に入っています。

今は高齢者からワクチン接種をしてるので、
自然に考えて、若者の感染者の割合が増えることは
至極当然のことであり、何ら違和感はありません。
むしろワクチン効果が凄いんだなっていうことを
報道は暗に示していることに気付きます。

「感染者は減ったけど重症者は増えている」と
過去に報道をしていたのなら、今は
「感染者は増えたけど重症者は減っている」と
報道しないと、平等な報道とは言えないですよね。

せっかくワクチン接種のスピードが
予想を上回るほどに進んで、
重症者数はその目論見通りに減っているのに
なぜそれをプラスに考える報道はないんでしょう?

マスコミや一部の専門家・医師をはじめ、
コロナが収束しないことで得をしている人が
少なからずいることがよく分かります。

日々思ってること
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

  1. […] 前回の記事でも書きましたが、 あの時から見ても重症者、死亡者ともに 一度も増えている気配はありません。 […]

タイトルとURLをコピーしました