スポンサーリンク

GW九州一人旅 その6 熊本県を南下

貸切列車となったゆうゆうトレインは
定刻通りに八代駅を発車しました。

20150512080859294.jpg

球磨川を渡り、山線である肥薩線に別れをつげ、海岸線へと向かっていきます。

肥薩線から鹿児島本線の名前を奪ったのが
この海岸線まわりの新しい鹿児島本線ですが
新幹線開業によりJRとして残ったのは
肥薩線の方だったというのは皮肉な物です。

20150512081200789.jpg

二駅目の日奈久温泉から一家族乗ってきて、ようやく乗客が5人になりました(笑)

20150512081335533.jpg

程なくすると海が見えてきます。
人生で初めて見る「東シナ海」です。

20150512081735205.jpg

対岸には天草の島々が見えています。
波はほとんどなくとても穏やかな海ですね。

20150512081502502.jpg

線路は海岸線ぎりぎりを進んでいくので、とても眺めが良かったです。

20150512081549948.jpg

山側に目を移せば、こちらは新緑の美しい山々が見えました。

20150512081653818.jpg

海浦駅付近からの眺め。
少し高台を走る区間では、眼下に海と街が見えました。

20150512082608000.jpg

1時間10分の時間をかけて、佐敷駅に到着。
ここまで普通列車なら40分弱なので、やはりかなりゆっくり走っていたようです。

駅の雰囲気が、地元の本宮駅に似ていて、懐かしい感覚になりました。

20150512082615578.jpg

ここで後から来る普通列車に乗り換えることができるとのことで、
一旦列車を降りて、別のホームに移りました。

20150512082640510.jpg

列車を待つ時間もゆったりと流れます。
長いホームからは新幹線開業前の賑わいを感じることができますね。

…と旅情に浸っていると、駅の係員の方が
「次の列車が15分遅れてるみたい!」と運転手さんに呼び掛けていました。

運転手さんは、貸切で八代から乗った自分の顔を覚えてくれていたので、
「じゃ先に出るから、そちらのお客さんもまたこっちに戻ってきてくださーい」と言われ
再び、ゆうゆうトレインで鹿児島を目指すことになりました(笑)。

GWの熊本・鹿児島・大分ひとり旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました