スポンサーリンク

ぐるり4日間 夏の青森ひとり旅 その26

津軽鉄道のホームへと向かいます。

20190726081747217.jpg

JR五能線が1、2番線。津軽鉄道は3番線と通しで採番されていました。

20190726081343370.jpg

ちょうど臨時列車が到着したようです。
これがあの有名なストーブ列車かな?

奥の方にはすでに廃車となった古い車両が留置されていました。

20190726081351180.jpg

臨時列車がホームからいなくなると、
続いて普通列車の津軽中里ゆきが入線してきました。

20190726081406529.jpg

鉄道ファンらしき人がポツポツいましたが、1両編成の車内に十分収まる人数でした。
1ボックスに1人ずつ。贅沢なローカル線の旅が始まりました。

20190726081437332.jpg

車内には風鈴が吊り下げられていて、エアコンの風でチリンチリンと揺れていました。

20190726081627915.jpg

五所川原を出発して、市街地を抜けると、津軽平野の田園風景が広がりました。
線路に沿って立てられた木製の電柱がとてもいい感じです。

地吹雪が有名な津軽鉄道。この辺りは冬は全く違う景色になるんだろうなぁ。

20190726081423049.jpg

五農校前駅に到着しました。
無人駅ですが、木造の駅舎がとてもいい感じでした。

20190726081456122.jpg

津軽飯詰は、列車の交換もできる大きな駅。
こちらで、一人下車しました。

20190726081514070.jpg

津軽鉄道で利用客の最も少ない毘沙門駅。
森の中にひっそりと佇む秘境駅です。

20190726081530012.jpg

津軽鉄道の沿線の金木(かなぎ)駅には、太宰治の生家があります。

運転台の横には津軽文庫と名付けられた図書コーナーが設けられていました。

ぐるり4日間 夏の青森満喫ひとり旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました