スポンサーリンク

ボンネットバスで行く松川温泉の旅 その5

館内を一通り散策したら、さっそく温泉へ。

 

 

露天風呂は混浴露天風呂と女性専用のものがりました。

 

男湯の場合、内湯の窓を開けて雪道を5mほど裸で歩いて向かうか

 

露天風呂専用の入口から入ることもできます。

 

 

湯温が高いため、加水はしてるそうですが

 

循環、消毒は一切なし。

 

 

硫黄成分たっぷりの白濁湯ですが、phは5.4と極端には高くありません。

 

これなら肌の弱い自分でも、比較的入りやすいお湯です。

 

 

露天風呂専用の入口から入ると、脱衣所は凍ってました。。。ここで脱ぐのは寒すぎっ!

 

 

でもそんな寒さの中で入る露天風呂は最高でした。

 

1回目は耳が裂けそうになるほどの猛吹雪、

 

2回目はしんしんと雪が降り、3回目は満天の星空でした。

 

露天風呂は湯温が低めで、長湯できたのも良かったです。

 

温泉効果で湯上がりはいつまでもポカポカしてました。

 

結局、翌日までに5回も入浴しました。

 

 

冷蔵庫がないので、窓でペットボトルを挟んで冷やしておきました。

 

部屋がものすごい暑いので、このぐらい開けておいてちょうど良い室温になります。

 

 

18時からはお楽しみの夕食です。

 

しかも贅沢なことにお部屋食。

 

デザートまでほぼ一気出しなので、温かいものはやや急ぎ目にいただきました。

 

 

キノコを使ったおかずがたくさんありました。

 

岩魚の刺身や、八幡平サーモンなど地元の食材がふんだんに使われていました。

 

 

いわて短角牛のバター焼き。

 

脂少なめの赤身肉で、肉の旨味がたっぷり。

 

 

こちらは鮎の塩焼きだそうです。真ん中の骨以外はすべていただきました。

 

 

食事が終わると、お布団敷き。

 

ベテランの方と若い新人さんとの2名体制で、お見事な布団さばき。

 

夜も部屋が暑いので、この日は窓を開けたまま寝ました。

 

真冬の山奥で、まさか窓を開けて寝るとは(笑)

ボンネットバスで行く冬の松川温泉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました