スポンサーリンク

冬の北海道 年越し旅 その24

16時10分、然別湖から帯広駅へ向けてバスは出発。

20150123213933244.jpg

帰りのバスは宿の従業員の人たちが
10人ほど乗り込んできて少し賑やかな車内となりました。

20150123214105617.jpg

北海道の冬、特に道東は日暮れが早く、
峠を越える頃には闇に覆われ始めます。
木の少なさからいかに標高が高いかが分かります。

20150123214450809.jpg

車内設備は行きよりも豪華で、
高速バスのようにシートを倒すこともできました。

リクライニングの効く路線バスも
なかなか今となっては珍しいですね。
行きに話した運転手さんに聞いたところでは
多くが東京で昔走っていたバスのお下がりだそうです。

20150123214753142.jpg

鹿追営業所で新得行きのバスに接続。
ここから新得駅へも抜けることができます。
新得までも引き続いて無料かどうかは未調査。

然別湖から乗った従業員の方々は
すべての人が鹿追町内で下車していき
この先は音更町に入るまで貸切でした。
音更の街で二人ほど乗車がありました。

20150123214944207.jpg

然別湖から100分、帯広駅に無事到着。
朝に比べると格段に寒く感じました。
まだ駅の温度計は-7℃でしたが
このあと気温はどんどん下がっていきました。

20150123215245771.jpg

この旅最後、6泊目の宿は北海道ホテル。
帯広駅からは1kmほど離れているのですが
それでもなお、帯広では一番人気のホテル。
個人的にも大好きなホテルのひとつです。

20150123215602908.jpg

シングルを予約していましたが
ホテル側の都合(?)という理由でツインに。
まさかこんなに広い部屋に泊まれるとは
想像してなかったので感激です。

20150123215803420.jpg

8階だったので、夜景もとてもきれいでした。
シングルだと窓の外は木々に囲まれていて
視界は開けないので、こちらも良かったです。

20150124081901806.jpg

柳月のケーキを夜食に食べました。
2つあわせて400円と、こちらも六花亭同様
価格設定が安くて助かります。
安いから思わず2個買ってしまう…。

20150124082435373.jpg

ホテルのラウンジ「ダイヤモンドダスト」です。
雪に覆われた庭がきれいにライトアップされていました。

この日の帯広は-15℃以下まで下がり、
とても寒さの厳しい夜となりました。

北海道ホテルも、昨日のふく井ホテル同様、
源泉掛け流しの温泉を持っているのですが
露天風呂の寒さはなかなか壮絶でした。
お風呂に入ってるのに髪はバリバリ、
耳はかじかんで痛く、タオルは板のように。
けどそのおかけで露天風呂には誰も来なくて
ひたすら貸切の露天風呂を堪能できました(^_^)

2014-2015 年越し旅 厳冬の美瑛と糠平温泉、帯広へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました