スポンサーリンク

四万温泉旅 その3

翌日降っていた雨も止んで、2日目は朝から気持ちいい青空。

20141103102448318.jpg

朝食後、すぐに出掛けることにしました。

今日向かうのは四万温泉の一番奥にある、奥四万湖。
路線バスがないので、徒歩で向かいます。
地図で見るとだいたい2kmぐらいのよう。

20141103102715539.jpg

積善館などがある「あらゆ」の温泉街を抜けると
熊よけの鐘とかも出てきて静まり返った雰囲気となります。
ただ、5分も歩くとまた温泉街が出てきて、
「ゆずりは」地区に入ってきます。

20141103103050583.jpg

ゆずりは温泉街にあった足湯と飲泉所。
四万温泉の湯はどこも癖がなくて
とても飲みやすいです。

20141105223102761.jpg

足元はザクザクの落ち葉でいっぱいでした。

20141103103335540.jpg

途中には小さな滝もあって、
周囲の鮮やかな紅葉とマッチしてます。
近くに駐車場がないためか、
誰も来る人が居なくてゆっくり観賞できました。

ややもすると、ダムの真下に到着。
80mの高さがあるらしく、なかなかの迫力です。
そしてこれを上がらないと湖を見れないのか…(^_^;)

20141103103722996.jpg

汗だくになりながら上まで上がりました。
みんな冬の服装なのに自分だけTシャツ(笑)

20141105223146517.jpg

青い!
噂には聞いていたけど、写真で見る以上に
青(藍)色が強く見えました。

20141105223239355.jpg

静かな湖面に紅葉の山が映り込みます。
ダム湖とはいえ、この色はかなり神秘的。
酸性の川に、温泉水が混ざり込み
ダムで滞留することでこの色になるそう。

頑張って歩いてきた甲斐がありました。
周囲の紅葉もちょうど見頃で良かったです。

奥四万湖の見物を終えると、
早くも雲が広がりはじめて、
どんよりとした空模様になりました。
早めに来てよかったなー。

20141105223423539.jpg

ダムの上から下を見下ろしたもの。
さっきまであんなに下にいたんですね。
頑丈なダムとはいえ足がすくみました。

ここからは来た道を戻ります。
汗をかいたので再び温泉に入ることに。

20141103105346728.jpg

先月、書店で売っていた旅行読売という雑誌に
付録として付いていた温泉郷パスポート。
温泉宿の日帰り入浴が半額になるほか
町営の清流の湯など入浴が無料になる施設も。

無料という言葉には弱く、
さっそく清流の湯に向かってみることにしました。

紅葉の四万温泉「積善館」に連泊する旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました