在来線青函連絡 乗り納め旅 その10

函館どつくから函館駅前までは10分ほど。

20151017120014141.jpg

心地よい揺れに思わずウトウト。

20151017120049595.jpg

ここからは函館バスに乗り換えです。

106ループ27系統に乗って、昭和温泉へと向かいました。

20151017120317637.jpg

路線バスも函館駅前から五稜郭公園までは無数に出ており、市電と並行して走ります。

路線バスは系統が複雑なので、旅行者の姿はまったく無く、ひたすらガラガラ。
一方で並走する市電は五稜郭へ向かう観光客でいつもいっぱいです。
函館駅前~五稜郭公園の区間に関してはバスの方がいつも市電を抜いていきます。

20151017120724528.jpg

昭和2丁目で降りて、徒歩3分ほどで住宅街の中にある昭和温泉に着きました。

20151017123136765.jpg

昭和温泉はとても広くて、札幌の「北のたまゆら」と同じぐらいの広さがあります。
もちろん源泉掛け流しで、露天風呂もあり、とても銭湯とは思えない規模です。

1時間以上露天風呂と内湯を行ったり来たりして、
身体はポカポカ、肌はすべすべになりました。

湯上がり処も広々していて、食堂もあり、
ここでかなり長いことのんびりしてました。

20151017123142856.jpg

衝撃的に旨かったのが、山川牧場の牛乳。
瓶の蓋を取ると、蓋にはたっぷりの生クリームが着いていました。
ジャージー牛乳って、こんなに美味しいんですね。。。

20151017123147374.jpg

昭和温泉を満喫したあとは、再び五稜郭方面へと戻ります。
昭和地区~五稜郭は1時間に3本位の頻度でバスが出ているのでけっこう便利です。

この辺りは旅行者の姿は限りなく少ないわけですが
こうして函館で暮らすように観光を楽しむというのもなかなか楽しいものです。

20151017123153976.jpg

五稜郭公園入口で下車。

このバス停にも紹介されている、「はこだてバスガイド」というアプリ。

地図からバス停を探せたり、あと何分でバスが来るのかを知ることができたり、
函館バスの時刻がかなり調べやすくなっていて、バス旅をするにはとても便利です。

個人的には乗り継ぎで行ける経路も出してもらえると最高なのですが、
バスは基本的に遅れることが多いので、なかなか難しいのかもしれないですね…。

20151017123159110.jpg

バス停の目の前にあるラマイで、昼はスープカレーです。
札幌でもいつも行ってるお店ですが、すっかりハマってしまっています。

20151017123203333.jpg

「ヤサイ」1,000円。
最近、だいぶスープカレーの辛さに慣れてきたので辛さ9番にしてみました。
せっかく汗を流してきたのに、また汗だくになりました(笑)。

スープもライスも大盛りにしてもこの値段というのは、ほんとコスパ高いですね。
ごちそうさまでしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました