スポンサーリンク

廃止危機の路線 日高本線

日高本線は苫小牧から様似までを結び、太平洋に沿って走る海沿いの路線です。

20161206075730034.jpg

キハ40系により運行されていましたが、
度重なる低気圧や台風の襲来により、
沿線が被災し、現在は全線で運休、代行バスでの運行となっています。

復旧にはJR北海道や沿線自治体では対応できないほど、
多額の修復費がかかると見られており、実質このまま廃止になると見込まれています。

20161206080133299.jpg

日高本線の車窓は、とても素晴らしいです。

厚賀~大狩部~節婦のあたりは、海岸線に沿うように進み、
列車でしか見ることのできない絶景区間を走ります。

20161206081300145.jpg

よくレ・コードの湯に入りに行った新冠駅です。
今も駅からの無料送迎はやっているのかな。

20161206082256127.jpg

静内駅でレンタサイクルを借りて、二十間道路桜並木を見に行ったこともありました。

20161206080325945.jpg

日高地方は日本最大のサラブレッドの産地でもあります。
あちこちに牧場があり、サラブレッドをたくさん見ることができます。

20161206080606800.jpg

牧場に囲まれた中、窓を開けて乗る列車は気持ちいいものです。

20161206080612256.jpg

絵笛は牧場の真ん中にあり、とても絵になる駅です。

20161206080853911.jpg

元・日高支庁の支庁所在地であった浦河町の中心にある浦河駅は
静内駅と並び、沿線随一の大きな駅です。

20161206081132482.jpg

20161206081136772.jpg

アポイ岳が正面に立ちはだかる様似駅で、日高本線の線路は終わっています。

ここからは路線バスで襟裳岬や広尾を経て、帯広方面へと向かうことができます。

日高本線は大好きな路線だったので何回も乗りました。
ただ何回乗っても、観光で利用する回数には限界があります。
日高本線は130kmを超える長大路線にも関わらず、
沿線人口は始発の苫小牧を除くと10万人にも満たず、鉄道にはとても厳しい区間です。
叶わぬ夢かもしれませんが、また乗れる日が来たらいいなと思ってます。

交通の話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました