スポンサーリンク

秋の信州 宿場めぐりと紅葉温泉の旅 その6

松本から特急あずさに乗り換え、茅野までやってきました。

20191113183353010.jpg

今夜の宿は蓼科高原にある「蓼科グランドホテル 滝の湯」
茅野駅から14時30分発の無料送迎バスに乗って、宿を目指します。

マイクロバスが混み混みで、最前列の席に座ったので眺めは抜群(笑)。

20191113183408420.jpg

バスはビーナスラインを登っていきます。
次第に紅葉が色鮮やかになってきました。

20191113183452151.jpg

標高1,200m地点までやってきました。

20191113183501552.jpg

茅野駅から30分ほどで滝の湯の入口に到着。

20191113183510058.jpg

宿に向かう専用の下り坂は、紅葉がちょうど見頃。
鮮やかな赤や黄色に染まった木々が迎えてくれました。

20191113183524547.jpg

渓流に架かる橋を渡ると宿に到着です。

20191113183536016.jpg

チェックインを済ませて本日のお部屋へ。

モダン和室という部屋タイプで、料金は一泊二食つきで一人14,800円でした。

20191113183544605.jpg

高層階をリクエストしていたので、部屋は最上階の8階でした。
ただ、モダン和室は7階と8階のみだそうなので、リクエストしなくても問題なさそう。

部屋からは宿を囲むように紅葉に染まる蓼科の山並みが見えました。

20191113183603275.jpg

20191113183611891.jpg

着いた瞬間、意外と古い…と感じましたが
館内はきれいにリニューアルされていました。

家族連れが多いようで、子供が楽しめるスポットがたくさんありました。

15736014935620.jpg

さきほど送迎バスで渡った渓流沿いには、紅葉を眺められるベンチがありました。

15736014936502.jpg

温泉のある棟へ向かう渡り廊下は、渓流の真上を通っています。

15736014936823.jpg

浴衣姿でこうして気軽に目の前の紅葉を楽しめるのはいいですね。

15736014937204.jpg

その渡り廊下も暗くになるとこんなムーディーな感じになります。

15736014940622.jpg

温泉へ向かう通路。
左側には貸切露天風呂、右側は湯上がり処になっています。

15736014940943.jpg

湯上がり処は利用しませんでしたが、日帰り入浴だとこういう設備は嬉しいですね。

15736014941434.jpg

露天風呂はこの通路をさらに進み、エレベーターを上がったところにありました。

写真の通り、渓流に面したものすごく開放的な露天風呂で、
日中は渓流と紅葉を楽しむことができ、
夜はライトアップされた幻想的な湯けむりと星空が堪能できました。

すべて透明なお湯ですが、泉質が2種類あり
メタケイ酸たっぷりの美肌の湯の泉質がとても気に入りました。

15736014937695.jpg

夕食はライブキッチン形式のバイキングでした。

70種類もあるというバイキングは、食べたいものを絞らないととても食べきれない程。
揚げたて握りたての天ぷらやお寿司、高原野菜のサラダなど美味しく頂きました。

こんだけ種類あると、やっぱりついつい食べ過ぎちゃうんだよなぁ…

秋の海野宿と善光寺、蓼科高原をめぐる旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました