スポンサーリンク

群馬まわりで行く奥日光紅葉狩りの旅 その1

10月20日、21日の2日間で同居人と一緒に奥日光に紅葉狩りに出掛けました。

秋の奥日光はいろは坂がとにかく混むという印象があり、
今回は沼田から金精峠を経由して向かうことにしました。

20191021183412849.jpg

朝5時起床。
高崎から上越線に乗り、まずは沼田まで。

20191021183508123.jpg

利根川は台風の爪痕か強く残っていて、あちこちに流木が残っていました。

20191021183733943.jpg

沼田駅からは尾瀬方面に向かう大清水ゆきのバスに乗り込みます。
列車からすぐにバス乗り場に向かったので無事に座れましたが、
新幹線の上毛高原駅から来るバスだったので、車内は満席になりました。

20191021183909180.jpg

車内で3,000円のバスカードを購入しました。
たまたま車内アナウンスで知ったのですが、プレミアが1,350円分も付いてます。

日光方面への乗り換え停留所である鎌田までは一人1,600円、計3,200円するので、
今後このカードを使う予定がなくても、2人ならバスカードを購入した方がお得ですね。

磁気のバスカードを買うなんて、ものすごく久しぶりな感じがしました。

20191021184306454.jpg

尾瀬と日光へつながる国道120号線を進みます。
天気がよく、周囲の山々もとてもきれいに見えました。

20191021184703029.jpg

沼田駅から55分ほどで、日光と尾瀬の分岐点、鎌田に到着しました。
乗客はほとんどが尾瀬に向かう人たちで、鎌田で降りたのは自分達ともう一人だけ。

20191021191623810.jpg

鎌田営業所で、日光・尾瀬ディスカウントパスを購入しました。

片道用3,300円で、鳩待峠行きバス連絡所~鎌田~日光湯元~東武日光駅までが4日間乗り放題。
東武バスの東武日光駅~湯元温泉までのフリーパスだけでも2日間で3,000円するので
このディスカウントパスがいかにお得度が高いかがわかります。

20191021184713432.jpg

乗り換えまで少し時間があったので、近くの道の駅へ。

20191021184717507.jpg

20191021184723508.jpg

眺めのいい足湯もあって、なかなかスタイリッシュな道の駅でした。

沼田回りで行く奥日光紅葉狩りの旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

  1. ひろみか より:

    奥日光はもう紅葉シーズンなんですね~
    またまた懐かしい地名がたくさんです。小さいころ行ったなあ~

    お?吹割の滝はスルーですね?
    割れてる滝のすぐ近くまで行けて、迫力のあるところですが
    台風の後だと水が濁っちゃうのかな…水量は増えててど迫力かも。

    吹割の滝、滝自体はすごくいいところでおすすめなんですが
    駐車場が いわゆる観光地の お土産買うのが前提な駐車場ばっかりでして。地元民はそんなに行かなかったりします。
    バスで行くのが一番かも?

    私は群馬の東側出身なので、日光へは桐生市から122号を北上するのがいつものルートです。
    わたらせ渓谷鉄道で来ることもできて、星野富弘さんの美術館や足尾銅山もあり、紅葉の時期はとてもよいですよ(^^)

  2. さわやん より:

    はい、中禅寺湖やいろは坂はまだでしたが、湯ノ湖~龍頭の滝は紅葉がちょうど見頃でした。実は奥日光の紅葉ってほとんど見たことがなかったので、一度は見てみたかったんです。

    吹割の滝、あそこにあるの知らなくて、バスの放送で知りました(笑) 事前に知っていれば、一本前で行ったのになぁ…。見てみたかったです。確かに「駐車無料」って書いてるとこにはお土産屋がくっついてて、これって半強制で買わせるんだろうなと感じたのを覚えてます。

    わたらせ渓谷鉄道も未乗なので、ここを乗ったあとに、そのまま日光へ向かうルートも秋は良さげですね!

タイトルとURLをコピーしました