サンライズ出雲で行く春の山陰ひとり旅 足立美術館と喫茶ウィング本店

境港駅から乗り込んだ境線の列車。

つちころび駅こと和田浜駅。
途中駅からは地元の学生がたくさん乗ってきます。

あずきあらい駅こと、弓ヶ浜駅。
境線では一つ一つに妖怪の駅名が付いています。

45分ほどで終点の米子駅に到着。
わずか18kmの距離を45分もかけて走るので
かなりのんびりした列車旅でした。

境線が発着する米子駅の0番線ホームにも鬼太郎がいました。

ここからは山陰本線に乗り換え、
足立美術館のある安来(やすぎ)へ向かいます。

ただ、接続する列車が特急列車となっていて
普通列車は米子駅で40分ほどの待ち時間が発生。
というわけでJR西日本の「おためし トク特チケットレス」を購入しました。

JR西日本のe5489の会員登録が必要ですが、
ちょうどサンライズ出雲の予約をする時に
登録おいたので良かったです。

米子~安来はわずか1駅なので、
指定席に300円で乗車することができました。

岡山からやってきた特急「やくも」出雲市ゆきに乗車。

指定席は適当に取ったのですが
この列車、窓枠と座席が全く合ってないんですね…。

車内をリニューアルして、前後の座席との間隔を
広げたためと思われますが、
長距離乗車するときには席番はチェックした方がよさそうです。

わずか8分で安来に到着しました。
境港~米子は鳥取県の駅ですが、安来は島根県。

美保関も島根だったし、今日の観光も結局ほぼ島根です(笑)

安来は安来節とハガネの街だそうで、どじょうすくい踊り発祥の地でもあります。

安来駅到着は15時28分。15時30分発の足立美術館ゆき無料送迎バスに間に合いました。すでに車内には4人の乗客がいて、自分が乗り込むとまもなく出発しました。

米子から普通列車だとさらに30分後のバスになってしまうので、特急を利用してよかったです。

20分ほどで足立美術館に到着しました。

通常の入場料は2,300円ですが、ここでも島根プレミアム観光券が使えたので、実質半額で入場することができました。

入場してすぐに見えてくるのが苔庭。

続いて枯山水庭。

足立美術館は、2003年から18年連続で
庭園ランキング日本一に選ばれ続けている美術館です。

枯山水庭の奥、山肌に見えるのは亀鶴の滝。

池庭に続く通路。左側は喫茶室「大観」です。

こちらは白砂青松庭。

ここからも右奥には亀鶴の滝が。

窓枠からの景色すら一つの作品。
季節ごと、天気ごと、1秒ごと、
刻々と変わりゆく風景を
作品に仕立てた素晴らしい庭園です。

帰る間際に急に日が差し込み、
入場時とはまた違った風景を見せてくれました。

足立美術館はもちろん庭園だけではありません。

横山大観や童画の作品も非常に見ごたえがあり、
1時間の滞在では全く足りませんでした。

美術館には普段全く縁がないのですが、
帰りの安来駅までの送迎バスの中では
妙に気分が穏やかになっており、
こうして時折、芸術の世界に触れることは
本当に人間にとって必要なことだと実感しました。

足立美術館の創設者、足立全康氏。
この方の美術に対する思いは
今でも強く受け継がれていると感じました。

足立美術館は本当に来て良かったし、
また次の山陰旅行の際にも訪れてみたい場所になりました。

送迎バスに揺られ、安来駅に戻ってきました。

帰りは普通列車への接続がスムーズで
米子行きの普通列車に乗って米子へ。
米子ではすぐに境線に乗り換えました。

この辺りは山陰きっての大都市圏だけあって
列車の本数が比較的多く、
交通系ICカードも使えてとても便利です。

帰りはそのまま境港まで向かわず、
米子空港駅の隣の中浜という駅で途中下車しました。

列車が行ってしまうと辺りはすっかり静かになりました。

10分ほど歩くと「ウィング本店」という喫茶店に到着。空港の近くにあるのでこのネーミングなんだろうなと思います。

境港きっての人気洋食店のようなので、今日はここで夕食をいただきます。

洋食屋に来るといつも決めきれなくて悩んでしまうのですが、デザートも食べたかったので、軽め(?)にナポリタンを注文しました。

ケチャップたっぷりのナポリタンとウィンナーが乗っていて、さらに鉄板から溢れんばかりの卵でとじてあります。とっても食べ応えがあって美味しかったです。

季節限定のデザートということで
いちごパフェまで食べちゃいました。

料理の味もさることながら、
お店の方が地元の方にも
観光客にもとても感じのいい人で、
この街で人気の理由がよく分かりました。

居心地も最高だし、再訪したいな。
ごちそうさまでした。

ウィングから宿までの帰り道は
JR境線でちょうどよい便がなく
コミュニティバスを利用しました。

「市民の森」バス停から19時27分発の
「はまるーぷバス」で境港駅方面へ向かいます。
料金は100円の均一料金です。

車内はやはり水木しげるワールド全開。

宿に戻ってくるころには20時を過ぎており、部屋からは境港の夜景がきれいに見えました。

5泊6日に渡る山陰旅も、いよいよ明日が最終日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました