冬の仙台・作並・鳴子 一人旅 その14

夕食を終えて部屋に帰ってきました。

20160223184348466.jpg

まもなく布団係のおじちゃんが部屋にやってきて
布団をあっという間に敷いてくれました。

普段はお客が夕食中に敷いてしまうらしいのですが
今日は18時夕食スタートの客ばかりらしくて
間に合わないんですよねーと愚痴をこぼしてました(笑)

さりげなく置いて行ったサーモスの冷水ポット。
冷蔵庫がないので、冷水があるのは助かります。
これがかなり高機能で朝まで氷が残ってました。

20160223184355381.jpg

あとは寝るまで温泉に入りまくるだけです。

夕方はずっと貸し切り使用中で入れなかった、
湯治棟4階にある「陽の湯」「陰の湯」へと向かいました。

20160223184413450.jpg

まずは「陽の湯」から。
内湯ですが窓が大きく、開放もできるので半露天風呂にもできます。
備長炭が浴槽に練りこまれており、
重曹泉の泉質と相まって肌にとてもいいそうです。

東側に面しているため、朝は日の出が見られます。
円くくりぬかれた窓からは東鳴子温泉街が一望できました。

20160223184421315.jpg

30分ぐらい「陽の湯」に浸かった後は、隣の「陰の湯」へ。
こちらは数種類の薬石が湯船に埋め込まれています。
月の模様に木がくり抜かれており、
窓からは陸羽東線の線路を間近に見ることができます。

両方とも本館の温泉や、夕食前に行った母里の湯とは異なる
「純重曹泉」と呼ばれる日本でも珍しい泉質で、
肌がすべすべするとてもいい温泉でした。

20160223184433785.jpg

本館には混浴大浴場、貸切風呂、女性専用大浴場の他に
貸し切りで使用できるふかし風呂があり、
床の下を源泉が流れる岩盤浴のような感じでした。

温泉に浸かった後にここで横になると、重曹成分が肌に染み込むのだそう。
浴衣のまま寝転ぶことができて、とても気持ちよかったです。

20160223184439187.jpg

ウトウトしているとあっという間に時間が経ってしまいました。
あまり長時間貸し切りで使用するわけにもいかないので、
そろそろ別の方にもお譲りしなければ。。。

20160223184453463.jpg

22時には床に就き、6時に目が覚めました。
とても健康的な朝を迎えた感じがします。

20160223184708116.jpg

おいしい朝食を食べ終えると、もうチェックアウトの時間は間近です。
10時のチェックアウト時間が迫ると
フロントの前は一気に慌ただしくなり、
宿の方に見送られてみなさん帰って行かれました。

今回は鳴子温泉がある宮城県大崎市のふるさと割を使用して
1泊2食&貸切風呂「母里の湯」入浴付で12,960円のところ
5,000円引きの7,960円で宿泊させていただきました。

20160223184716868.jpg

10時15分ごろまでフロントで休ませてもらい、
東鳴子温泉10時18分発の高速バスで仙台へ。
バスは始発の鳴子温泉を出発した時点でほぼ満席状態で
東鳴子温泉から乗車した自分は通路側での相席となりました。

高速バスの相席でしかも通路側は個人的に超苦手。
やっぱり高くてもJRにすればよかった。。。

普通列車なら乗り換え1回、1時間42分で1,660円、
新幹線なら乗り換え1回、1時間7分で2,180円、
高速バスなら乗り換えなし、1時間22分で1,300円。
これなら高速バスを選択したくなります。

DSCF3650.JPG

15分ほど予定より遅れたものの、無事に仙台に到着しました。
途中からはさらに乗客が増え、
最後は補助席まで出るほどの混雑ぶりでした。
仙台駅まで我慢できなくて、手前の「ガス会社前」で下車(笑)。

20160223184759370.jpg

この日の仙台は最高気温が20℃近くまで上がり、
歩いていると暑いぐらいでした。

DSCF3666.JPG

最後にもう一度牛タン食べました。

DSCF3668.JPG

最後にエスパルでおみやげを買い込み、新幹線で東京(大宮)へ。
今回はふるさと割を利用してだいぶ安く温泉旅ができました。
またこういう機会があればあちこち訪れてみたいなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました