スポンサーリンク

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉一人旅 その9

ようやく到着した道後温泉駅前は大変な賑わいでした。

20160512080155557.jpg

関東の箱根や草津のように若い人が圧倒的に多かったように感じます。

20160512080330227.jpg

駅前から続くアーケードを歩くも、人が多すぎてまともに見て回れません(^_^;

20160512080426898.jpg

アーケードを抜けると、有名な道後温泉本館が見えてきます。

20160512080537526.jpg

よく宿泊する四万温泉の積善館と並び、この道後温泉本館も、
千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになった建物と言われています。

20160512080815585.jpg

2階、3階と上に上がるにしたがって、グレードが高くなります。
1階の入浴のみなら410円ですが、3階は個室休憩所も付いて1,550円です。

20160512081022255.jpg

今日のホテルはそんな道後温泉本館のすぐ後ろにある、ホテルパティオドウゴ。

20160512081108280.jpg

部屋は前日のホテルNo.1より、やや広め。
温泉はすぐ目の前に本館がある立地から、宿自体には設備がありません。
一泊素泊まりで8,000円だったのですが、立地によるものが大きいですね。

20160512081453971.jpg

5階の部屋の窓からは、松山市内と温泉街の端っこのとこが少しだけ見えました。

20160512081711258.jpg

道後温泉本館は混んでそうだったので、もうひとつの共同浴場である「椿の湯」へ。
こちらは近代的というか、正面の時計が目を引く建物ですね。

20160512082420709.jpg

椿の湯は混雑こそしていましたが、並ぶことなく入浴することができました。
とりあえず人混みだらけで汗をかいていたので、汗が流せてホッとしました。

初めての四国とフェリーで渡る別府温泉ひとり旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さわやんをフォローする
列車に乗って旅に出よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました