【東京発】青春18きっぷで行く水郡線沿線満喫の旅【出発編】

広告
おはようございます!

今日は青春18きっぷを使って、水郡線に初めて乗車してみました。

その時の旅日記です。

福島県まで日帰りで行くことになるので、朝は4時起き。
始発列車で出発です。

水郡線の玄関口は、常磐線の水戸駅。

まずは武蔵野線と常磐線の乗換駅である新松戸駅で下車。

新松戸で常磐線の我孫子行きに乗り換えます。

我孫子駅に到着しました。

◆我孫子 6:25 → 水戸 7:44 常磐線

我孫子駅からは当駅始発の高萩行きに乗車します。

JREポイント400ptでグリーン車に乗れるキャンペーンが開催中だったので、
グリーン席に乗っていくことにしました。

我孫子駅ホームにある駅そば「弥生軒」。

大きな唐揚げが乗った「唐揚げそば」が有名で、あの山下清画伯も働いていたのだそう。

7時からの営業のため、残念ながら今日はありつけませんでした。

我孫子駅を出発。

程なくして利根川を渡り、千葉県から茨城県へと入っていきます。

早朝の下りグリーン車はガラガラ。静かでとっても快適です。

土浦駅を過ぎると、都内への通勤圏から少しずつ離れ、
車窓もだいぶ長閑になってきました。

友部駅でJR水戸線が合流。

水戸線もまだ一度も乗った事がないので、乗りに行かねばなりません。

水郡線の乗換駅、水戸駅に到着しました。

こちらもホームに唐揚げそばがあったのですが、、、

泣いていいですかね…。

仕方なく(?)、改札内にある「IBARAKI E-MONO」で朝食を調達。

ふわふわクリーミー生大福【メロン】を買いました。

茨城は実は日本一のメロン王国なんですよね!

ホームに降りると、ちょうど水郡線の車両が入って来ました。

4両編成で9時23分発の郡山行きとなるようです(後ろ3両は常陸大子まで)。

ずいぶん早くに入線してくるのですね。

茨城茶葉を使った「常陸のしずく」と共に、メロンの大福を頂きました。

唐揚げそばを食べることができず、いきなりスイーツから始まる旅となりました。

最終的には9時23分発の郡山行きに乗るのですが、
まだ1時間以上あるので、先に発車する常陸太田ゆきに乗ってみることにしました。

発車10分前ごろ、常陸太田ゆきが入線してきました。2両編成。

◆水戸 8:18 → 常陸太田 8:50 水郡線

各ボックスに1グループずつ、程よい席の埋まり具合で水戸を出発。

上菅谷からは郡山方面の線路と分かれて、常陸太田方面に向かう支線に。

途中で渡る川は久慈川。水郡線はこの川に沿って北上していきます。

のんびりした田園風景の中を走ります。

終点の常陸太田駅に到着。1面の単線ホームです。

ホームは単線ですが、常陸太田駅の駅舎はとても立派。

水戸光圀公の隠居所をイメージしてるんだとか。

観光案内所を併設していて、売店もありました。

常陸太田駅前の様子。

列車は1時間に1本ほどしかありませんが、
駅前は大きな道路があって、車通りは賑やかです。

駅舎の中に入りました。

常陸太田市の観光案内センターが中に入っていて、
奥の自動ドアを抜けると駅のホームがあります。

常陸大宮駅の運賃表。ここが終着駅であることが分かります。

今度はここから5駅戻り、水郡線の本線を進んでいきます。

常陸大宮駅では折り返しの時間まで25分あったので、
観光案内センターの売店で、地元の牛乳を使ったジェラート(200円)を頂きました。

ここでようやく青春18きっぷのスタンプを押印!

自宅近くの駅が整理券方式になったおかげ?で、
最初に乗る駅じゃなくて降りた駅でスタンプを押せるようになり、
スタンプのバリエーションが増えました。

◆常陸太田 9:15 → 上菅谷 9:30 水郡線
折り返しの水戸行きに乗り、上菅谷まで戻ってきました。

 

上菅谷駅は今でも構内踏切が残っています。

そのせいか、番線標がずいぶん面白い造りをしていますね。

せっかく青春18きっぷを持っているので、駅の外にも出てみました。

水郡線の2路線が分岐する駅なので、とても立派な駅舎ですね。

常陸太田駅にはなかった「みどりの窓口」もありました。

ちなみに現時点で水郡線の途中駅で「みどりの窓口」があるのは、
ここ上菅谷駅と常陸大子駅のみです。

ホームに戻りました。

常陸太田ゆきの列車が先に入線。

上菅谷駅の構内踏切にはバーがないので、
列車が迫っていても直前横断ができてしまいます。

なので、ホームには警告を知らせる案内が目立ちます。

郡山行きの列車が入線してきました。

堂々たる4両編成での到着です(後ろ3両は常陸大子まで)。

◆上菅谷 9:40 → 袋田 10:33 水郡線

上菅谷からは最後部の車両に乗車。

最初はロングシート部分しか座れませんでしたが、
常陸大宮駅で何人かが降りたため、ここから2人掛けのクロスシートに移動。

水郡線は別名「奥久慈清流ライン」。久慈川に沿って進みます。

普段は美しい清流だそうですが、連日のゲリラ豪雨で今日は濁流に…。

次第に列車は山の中へと入っていきます。緑が目に優しい。

久慈川に架かる沈下橋。

下小川駅を過ぎると、橋を渡って久慈川が車窓左側に。

西金(さいがね)駅には、砂利を積み出すための貨車が停まっていました。

袋田駅で途中下車しました。

ここまで来れば、旅好きの方なら何となく分かりますよね(笑)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました