【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【特急かもめと長崎夜景編】

島原鉄道の旅を終えて、諫早駅へと戻ってきました。 これで諌早~小浜温泉~雲仙温泉~島原温泉~諌早と、島原半島を一周したことになります。 地図にルートを示すとこんな感じです。 諫早駅からは特急「かもめ」に乗車して長崎...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原鉄道編】

島原港のフェリーターミナルから、島原港駅まで歩いてきました。 いよいよ今回の旅のメインイベント、島原鉄道の旅へと出発です。 島原鉄道の終着駅となる島原港駅。 相対式ホームで2面2線ありましたが、現在は1面し...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原市内編】

雲仙温泉を出発したバスは、坂をぐんぐん下り、 島原半島の東岸へと降りてきました。 車窓に見えてきた海は有明海。対岸にうっすら見えるのは熊本県です。 1991年に大規模な火砕流が発生した普賢岳の脇を通過しました。...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【雲仙温泉編(後)】

さて、夕食を食べるために再び雲仙の温泉街へ。 「福田屋」さんの向かい側に建つ「有名ホテル」さん。 「ありあけ」と読むのかと思いきや「ゆうめい」なんですね。 5分ほど歩くと、原生沼へとたどり着きました。 湿原のような場...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【雲仙温泉編(前)】

小浜温泉を出発した雲仙行きのバス。 雲仙行きのバスには10人ほどが乗っていました。 小浜温泉まではもっと乗ってたはずなので、さずが土曜日ですね。 あっという間に海は見えなくなり、山の中へと入っていきます。 西登山口のバス停からは、こ...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【小浜温泉編】

島原半島の玄関口、諌早駅から小浜温泉へと向かいます。 バスターミナルからみたJR・島原鉄道の諌早駅。 西九州新幹線の開業を秋に控え、駅舎は非常に立派なものでした。 諌早駅と小浜温泉の位置関係はこんな感じ。 島原鉄道は反対...
【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【島原】

【長崎】春の長崎、雲仙温泉と島原鉄道ローカル線の旅【出発編】

おはようございます。今日は2022年3月4日(金)です。 有給休暇を取って、今日から2泊3日で長崎・島原への旅が始まります。 今回の出発空港は成田。 有給が取れてから、どこか安く行ける場所ないかなーって探してたら、ジェ...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【湯瀬ホテル~盛岡編】

湯瀬温泉駅から、本日の宿である「湯瀬ホテル」へと向かう。 路面にこそ雪はないものの、ものすごい雪の量だ。 屋根から大きくせり出している場所もある。 除雪されていない建物は誰も住んでないのかな。 駅から歩い...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【花輪線編】

13時36分発、盛岡行きの花輪線は、定刻通りに大館駅を出発。 大館駅を出発すると、すぐに奥羽本線の線路と分かれていく。 向こうに停車しているのは奥羽本線を走る701系だ。 車内は1ボックスにつき1組という感...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【弘前観光編】

弘前で迎えた、この旅2日目の朝。 今日もとっても良い天気! ちなみにこちらの風景(南側)が見られるのはダブルルームだけ。 今回宿泊したツインと、畳の和風ツインはこの風景と逆(北側)の眺めなので、湯上り処の窓から楽しもう。 ...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【黒石こみせ通り編】

黒石駅から10分ほど歩くと、日本の道100選にも選ばれている「こみせ通り」に到着。 焼肉逢春というお店の辺りから、保存地区に入ってくる。 黒石駅から「こみせ通り」までの道のりはこんな感じ。 屋根から松が突き出し...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【弘南鉄道編】

「青森魚菜センター」でのっけ丼を食べて、再び屋外へ出てきた。 この日の青森市は快晴であったが、積雪はなんと122cm。 町全体が押しつぶされそうなほどの雪だ。 人口30万クラスの街では、青森市が世界一積雪量...
【青森】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【秋田】

【青森・秋田】ローカル線で巡る冬の北東北 絶景路線と湯瀬温泉を訪ねる旅【のっけ丼編】

2月11日の「建国記念日」。今日から仕事は3連休だ。 この時期の冬旅といえば、やはり行きたいのは雪のある場所。 幸いにもこの3連休は天気が荒れる予報もなく、絶好の旅日和であった。 今回は友人との二人旅。一人...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【特急ひだ~帰京編】

いよいよ高山の街を離れる時間がやってきた。 高山駅の改札を通り、自由席の9号車の乗り場へと向かう。 1番ホームに降りると、程なくして「特急ひだ」のキハ85が入線してきた。まだ発車までは5分ほどあったので、思わぬ早い入線にビックリ...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【高山市内編】

「高山桜庵」を出発し、飛騨高山の街歩きのはじまり。 まずやってきたのは高山陣屋。ここは江戸時代の代官所なのだそう。 代官所の主要な建物が、ほぼそのままの状態で残っているのは、日本国内でもこの高山陣屋だけなんだって。とっても貴...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【高山桜庵編】

「古い町並」から10分ほど歩いて、今夜の宿に到着した。 今夜の宿は、「飛騨花里の湯 高山桜庵」。 「ドーミーイン・御宿 野乃」系列のホテルで、今回は1泊朝食付きで7,000円という破格の料金で宿泊することができた。 価格がこれ...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【白川郷~高山編】

白川郷のバスターミナルから5分ほど歩くと、茅葺き屋根の建物が見えてきた。 3階建ての合掌造りの建物がお出迎え。いきなり圧倒される立派な佇まいだ。 なお「白川郷」という地名自体は、もう少し広い地域を指しているそうで、有名な合掌...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【相倉集落編】

菅沼合掌造り集落での散策を終え、高岡駅ゆきのバスに乗り込んだ。 相倉口までのわずか15分ほどの道中だが、最前方の席が空いていたので、こちらに座らせてもらう。 バスにははじめ4人しか乗っていなかったが、途中の「下梨」バス停から...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【菅沼集落編】

新高岡駅に降り立った。 高岡市は人口17万。富山県第2の都市であり、北陸3県の中でも金沢、富山、福井に次いで、4番目の人口を誇る大きな街だ。 街の中心はここからJR城端(じょうはな)線で1.8km先の高岡駅にある。 中心部...
【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【世界遺産】

【人生初】冬の五箇山・白川郷・飛騨高山 最高の雪景色に出会うひとり旅【出発編】

私は旅行が大好きなのに、いまだに行ったことのない場所が山ほどある。 それは同じところに何度も何度も繰り返し行くのが好きだからだ。 札幌や函館、帯広なんかがそう。その街に暮らすように過ごし、 地元の人々の生活をちょっとだけ垣間見るの...
タイトルとURLをコピーしました